元気!本気!勇気!毎日の しあわせメモ

EDIT

見事な散りっぷりです

一面のサクラ絨毯

そろそろ神社のサクラも見納めです。

一昨日からの雨と昨日の強い風のせいもあって多くの花が散ってしまいました。

見事な散りっぷりです!

一面に敷き詰められたサクラの絨毯は見応えがありますね。

まだ誰も足を踏み入れていない早朝ならではの光景です。

今年もまた散ってなお咲くサクラを愛でる朝の参拝を満喫することができました。

見事な散りっぷりです

人はサクラが咲くと花の美しさを愛でて宴を楽しみます。
その花が散ると無常を感じたり死を意識したりします。

しかしサクラは年に十日ほどしか開花しません。 それは花という表面的な現象であって、花を咲かせる植物の一生の一部分に過ぎません。

サクラは、誰もが愛でる花の盛りの時だけでなく、儚さを覚える散り際の時だけでなく、いつも常にサクラであり続けています。それが本当のサクラの姿なのですね。

散ってなお咲く有終の美

人生もまた然り。
栄枯盛衰はあれども常に人は人、自分はいつも自分です。

一部の現象でしかない出来事に囚われることなく、全体を観る視座に立ち、真の姿を捉えたいものです。
そうすることで、今・此処を味わい人生そのものを満喫することができるのでしょう。

いよいよ次は葉桜のシーズン。
五十の齢を過ぎても新芽の季節は訪れます。
ワクワク! ドキドキ! あらゆる場面を味わいきります。

・・・などと、
思ったり...思わなかったり...

では、お気楽に...(^^)/~~~

雨上がり、朝のほんの一時だけのお楽しみ
●関連記事:
散れば咲き 咲けばまた散る
散って 尚 咲く...
●1年前の今日:
不案内板

コメント:2 | TB:0 【しあわせメモ♪】  季節  一期一会 無常 

ページTOPへ↑

EDIT

サクラサク '16 夜桜です

サクラサク '16 夜桜です

ウチの向かいの神社のサクラが見頃になりました。

今日は一日ぐずついた空模様との予報でしたが、雨のピークは明日以降にずれ込んだようです。
午前中から降っていた雨が夕方にはやんだのを見計らって、夕食の後に夜桜を観に行ってみました。

サクラサク '16 夜桜です

ほぼ満開です。

今年も見事な咲きっぷりです。
週明けに天候が回復するのが待ち遠しいですね。

それまで花はもってくれるでしょうか…

サクラサク '16 夜桜です

さて、この花を、あと何日 愛でていられるでしょう?

この花を、あと何回 楽しむことができるでしょう?

いずれにしても、今この眼を楽しませてくれているこの夜桜は、今この瞬間にしか見ることのできない花ですね。

だからこそ、儚くも美しく感じられるのですね。

サクラサク
咲いたばかりの この時期に
いつ散るものか もはや憂いて

花の季節は短くて
儚きこの世の写し絵か
夢か 現か 幻か
一念無想に咲いて散る

・・・などと、
思ったり...思わなかったり...

では、お気楽に...(^^)/~~~

サクラサク '16 夜桜です
●1年前の今日:
自分の長所は人に教えてもらうのがオススメ!

コメント:0 | TB:0 【しあわせメモ♪】  季節  一期一会 無常 満喫 お気楽  

ページTOPへ↑

EDIT

サクラサク '15 満開です!

サクラサク '15 満開です!

ウチの向かいの神社のサクラが満開です。

せっかく見頃を迎えたにも関わらず、ここ二日間、雨が降ったり止んだりで気をもんでいたのですが、今日はスッキリ晴れました!

明日からは再びぐずついた天気になるとの予報が出ており、このチャンスを逃してはなるまいと、取るものもとりあえず家族で花見へ繰り出しました(^^)v

お昼休みの時間とあって、春休み中の子ども連れだけでなく、近所で働くOLさんやビジネスマンたちもお弁当を持って集まってきています。

誰もがこの日この時を待ちわびていたのでしょうね。

今日の大阪は日中20度を超える汗ばむくらいの温かさ…
春爛漫! サクラ咲くこの季節は、無性に心が弾みます(^^)/

サクラサク '15 満開です!

今年も見事な咲きっぷりです。

さて…
この花を、あと何日 愛でていられるでしょう?

この花を、あと何回 楽しむことができるでしょう?

いずれにしても、今この眼を楽しませてくれているこの花は、今この瞬間にしか見ることのできない花ですね。

だからこそ、儚くも美しく感じられるのですね。

サクラサク
咲いたばかりの この時期に
いつ散るものか もはや憂いて

花の季節は短くて
儚きこの世の写し絵か
夢か 現か 幻か
一念無想に咲いて散る

・・・などと、
思ったり...思わなかったり...

では、お気楽に...(^^)/~~~

サクラサク '15 満開です!

●1年前の今日:
早口言葉を噛まずに言えるようになる!?

コメント:1 | TB:0 【しあわせメモ♪】  季節  一期一会 無常 満喫 お気楽  

ページTOPへ↑

EDIT

気合に頼らず… 淡々と誠実に…

今を一所懸命に生きるっていうことは
そんなに気合のいることでは
ないんじゃないのかな?

難しいことに挑戦したり
死にものぐるいで頑張るのもイイけれど
自分にできることをやるってことじゃないのかな?

できないことはできない。

できることは ちゃんとやる。

できることをやらないのは
やっぱりサボってるってことだから
サボらずできることをやるっていうのも
今を一所懸命に生きるってことなんじゃない?

気合に頼らず…
淡々と誠実に…

そんな感じでイイんじゃない?

・・・などと、
思ったり...思わなかったり...

では、お気楽に...(^^)/~~~

咲くも無心 散るも無心 花は嘆かず 今を生きる

via: 大和だより ~写詩 写歌 写俳~ 小筥集

 

●1年前の今日:インパクトで勝負!?

コメント:0 | TB:0 【伝えたいことが あるんや】  お気楽 一期一会  

ページTOPへ↑

EDIT

見頃です! というわけで花見です!

神社のサクラが見頃です

昨日の雨もすっかりあがり
今日は爽やかな晴天となりました。

神社のサクラは
見頃を迎えています。

神社のサクラが見頃です

七分咲きから満開となっていますが
年度末と週初めが重なったためか
昼間の人出はあまり多くありません

のんびり静かにサクラを満喫できました。

神社のサクラが見頃です

長引く不況に増税と
暗い話題が多い昨今ですが
サクラが咲く この季節は
なぜかウキウキ無性に心が弾みます(^_-)

神社のサクラが見頃です

公園には屋台が出ていますし
神社では夜桜行事も始まります。

今はただ、この花を
存分に愛でていたいと思います。

というわけで今夜は
さっそく今年最初の花見です!

夜桜を眺めながら楽しい話題にも
たっぷり花を咲かせることができました。

・・・などと、
思ったり...思わなかったり...

では、お気楽に...(^^)/~~~

神社のサクラが見頃です

 

●1年前の今日:笑う門には福来る とは言いますが…

コメント:2 | TB:0 【しあわせメモ♪】  季節  一期一会 無常 満喫 お気楽 

ページTOPへ↑

EDIT

もっと大人も雪だるまを作ろう!

6歳の娘に、45年に一度の大雪らしいから遊んでおけ、と言ったら、「私は45年経ったらまた見られるけど、お父さんは生きてるかわからないんだからお父さんこそ遊んでおいたら」と言われ、ぐうの音も出ず、感慨に浸りながら雪だるまを作りました。

via: Twitter / dandori

たしかに・・・
ぐうの音も出ません^^;

45年に一度の大雪もスゴイけど
この6歳児も
45年に一人くらいの
超逸材ですね!

それはともかく・・・^^;

たしかに
子どもたちにだけ
遊ばせている場合じゃないですね。

子どもよりも大人の方が
人生の残り時間は少ないと
一般的には言えるでしょうから。

そして
もう少しよく考えてみると…
「45年に一度の…」でなくとも
このことは言えているわけで
次があるとは限らない
最後のチャンスかもしれないのですね。

つまり
いつだって
どんなことだって
一期一会なのだな… ってこと。

逆に
大人の方が子どもよりも
過ごしてきた時間は長いわけですから
既に体験済のことも少なくないでしょう。

けれども
同じ大雪の日の雪だるまづくりでも
いつも同じ体験だとは言い切れませんよね。

できるだけ子どもたちに
さまざまな体験をさせてあげたい…
こう思うのは親心というものですが
自分自身の「今」「此処」もまた
大切にしていきたいものです。

自分の親たちだって
そう願っている(た)はずですから。

・・・などと、
思ったり...思わなかったり...

では、お気楽に...(^^)/~~~

とはいえ、こんな ↓ 雪だるまはヤバ過ぎるwww

この雪だるまヤバ過ぎるwww

via: 妹が作った雪だるまがガチでヤバい

 

●1年前の今日:新たな門出

コメント:2 | TB:0 【しあわせメモ♪】  一期一会 体験 チャンス 満喫 お気楽 

ページTOPへ↑

EDIT

気がつけば春爛漫

気がつけば春爛漫…

神社のサクラが満開です。

満開です

今年も見事な咲きっぷりを魅せてくれています。

ほぼ一斉に咲きました

見頃と週末が重なって今日は人出も多いようです。

見頃を迎えたと思ったら…

けれども明日の天気は大荒れの予想が出ています。

あっという間に散ってしまう儚さ…

まさに今日が今年のピークですね。

めいっぱい咲いています

それにしても見事な咲きっぷりです。

見事な咲きっぷりです

この見事な花々が桜吹雪となって
アッという間に散っていくなんて…

まさに春爛漫!

儚い生命だと分かっているからこそ
愛おしく美しく感じられるのでしょうね。

明日もまた愛でることができるでしょうか

明日はもうこの花を見ることができないと
花より団子の子どもたちも分かっているようです。

既に散り始めています

明日、散らなかった花があっても
それは今日と同じ花ではないでしょう。

今年もこれで見納めでしょうか

今年は きっと
これで 見納めですね。

永遠を夢見て宴はつづく…

一瞬の中に拡がる永遠を夢見ながら…
いつまでも夜桜を愛でる宴はつづいています。

・・・などと、
思ったり...思わなかったり...

では、お気楽に...(^^)/~~~

 

●1年前の今日:”好かれる人”とは…

コメント:0 | TB:0 【しあわせメモ♪】  季節  無常 一期一会 満喫 お気楽  

ページTOPへ↑

EDIT

日常の何気ないところにあるご縁

まだ電車なう。隣のひとが席に傘を忘れて降りたので、ちょっと迷ったけど、追いかけて渡した。
リレーのバトンみたいな渡し方になった。
あわてて戻って発車に間に合った。
ふと外を見たら傘のひとが手を振っていた。
ふるくからの友人みたいな顔で。

via: Twitter / harukonbu

あぁ・・・
この人と あの傘の人は
もう会うことはないんだろうなぁ

何も根拠はないのですが
ただ なんとなく そんな風に感じました。

ほんわかとした話題ではありますが
とっても印象深い出来事ですよね。

なんということはない
他愛ない出来事ではありますが
もしかしたら
一生忘れない思い出になるかもしれません。

あの一瞬に
すべての縁が凝縮している感じ。

だから もう
会わないんだと思うのです。

1回きりで もう会わないんだけれど
それは 決して 小さな縁ではなくて
むしろ とてつもなく濃い関係というか
強い結びつきがあるように思います。

そういう意味で
「ふるくからの友人みたいな顔」を感じたのも
まんざら 気のせいではないですね。

ずっと ずっと 生まれる前からの
ふるい友人だったのかもしれません。

そして また
生まれ変わったときに
いつか 会えるのかもしれません。

袖触れ合うも他生の縁 ですね。

もしかしたら
こういう日常の何気ないところにあるご縁には
ほとんど気づかず過ごしているのかもしれません。

うん  そう考えると…
ずいぶん見逃してきたような気がします。

・・・などと、
思ったり...思わなかったり...

では、お気楽に...(^^)/~~~

電車の中の他生の縁

 

●1年前の今日:受け手にとってのメッセージ

コメント:0 | TB:0 【しあわせメモ♪】  一期一会  無常 

ページTOPへ↑

EDIT

計画と無計画のあいだ

ミシマ社・三島邦弘さん

業界の常識にとらわれず常に独自路線をゆく
原点回帰の出版社 ミシマ社 の社長・三島邦弘さんに
今日、お話を伺う機会がありました。

今までのやり方でやるのなら
やらないほうがいい

やせ我慢しても絶版を出さない
在庫を持つ覚悟が必要

最初に面倒なことをしたほうが
後になって効率良くなってくる

なんとなく不安は悪くない

何もしないことを
全身全霊を込めてする

メデイアとは媒体であり
発信することではない

察知、感知していく

今ここで本気で伝えたいと思ったことは
必ず百年後にも残っている

心の発達で人間は進歩してきたが
その副作用も多い
そろそろ心の時代は終わる

自らがメディアとしてバイアスにならない

朴訥とした語り口にも関わらず情熱的、
とても刺激的でありながら朗らかな三島さんは、
以前から、ぜひ一度お会いしてみたいと思っていた人だけに
どんよりとした入道雲を吹き飛ばすような嬉しい出会いでした。

今日のところは興奮気味なので
詳しいことは またの機会に…

思いのほか、余韻を残していく好青年だったなぁ

・・・などと、
思ったり...思わなかったり...

では、お気楽に...(^^)/~~~

計画と無計画のあいだ---「自由が丘のほがらかな出版社」の話 THE BOOKS 365人の本屋さんがどうしても届けたい「この一冊」 はやくはやくっていわないで 小商いのすすめ 「経済成長」から「縮小均衡」の時代へ

 

●1年前の今日:失敗して落ち込むとき

コメント:0 | TB:0 【しあわせメモ♪】  出会い 一期一会 オリジナル 情熱  

ページTOPへ↑

EDIT

夜明けが待ち遠しい...

毎日、「さよなら」をいわなくてすむように、
「おやすみ」ってことばをつくったんだとおもう。

via: Twitter / @kaminagi

一年前
こんなツイートを引用していました

そして
いただいたコメントに…

「さよなら」は寂しい
「おやすみ」でも寂しいのに

…と返信していました

なんでしょーねー
この にじみでる寂しさは…

しかし やっぱり なんですねー

「おやすみ」はもとより
「さよなら」さえも言えなくて
「ありがとう」を一人つぶやくこんな夜は
もう寂しいってもんじゃないくらい寂しくて
どうしようもなく切ないものですね...

いや… な~んとなく
今日は ちょっとセンチな気分です

明日の夜明けが待ち遠しい...

・・・などと、
思ったり...思わなかったり...

では、お気楽に...(^^)/~~~

一期一会

 

●1年前の今日:おやすみなさい

コメント:0 | TB:0 【ちょっとイイことば】  無常 出会い 一期一会 感謝 

ページTOPへ↑

EDIT

サクラサク春爛漫

サクラサク春爛漫

昨日の雨で 少し散ってしまいましたが
神社の桜が見頃を迎えています。

サクラサク春爛漫

早朝のお参りの時には肌寒かったのですが
お昼過ぎには汗ばむくらいの陽気になりました。

散ったおかげで桜色の絨毯と
満開の桜を 同時に楽しむことができます。

サクラサク春爛漫

見事な咲きっぷりです。

この花を あと何日 愛でていられるでしょう?

この花を あと何度 楽しむことができるでしょう?

いずれにしても 今日のこの花は
今この瞬間にしか見ることのできない花。

だからこそ
儚くも美しく感じられるのでしょうね。

・・・などと、
思ったり...思わなかったり...

では、お気楽に...(^^)/~~~

サクラサク春爛漫

 

●1年前の今日:お年玉300万円!

コメント:0 | TB:0 【しあわせメモ♪】  季節  一期一会 無常 満喫 お気楽  

ページTOPへ↑

EDIT

Spring has come!

Spring has come !

昨日のポカポカ陽気とは打って変わって
今日は朝から大雨でした。。。

開花秒読みかと思った桜も
明日以降にお預けですね。

1年前の今日の記事を見直してみると
去年は今日3/31に開花したようです。

ずいぶん遅れていると思っていたようですが
実は、2~3日遅いだけだったんですね。

ということは・・・
なかなか咲かないなぁ…と思っていた今年も
実は、それほど遅れているわけではないんですね(^^ゞ

春が 待ち遠しい…

そんなキモチが
桜の開花を遅く感じさせるのでしょう。

今春は、もっちゃんが幼稚園に通い始めます。
ゆきちゃんは3年生に上がって、いよいよ中学年。

人によっては
卒業や転校・転勤ということもあるでしょう。

日本の春は、出会いと別れの季節。

もう一つのお正月のような感覚がありますね。

キモチも新たに…
明日から始まる4月を迎えよう(^^)/

Spring has come!

・・・などと、
思ったり...思わなかったり...

では、お気楽に...(^^)/~~~


Sakura - Spring magic

 

●1年前の今日:サクラサク '11

コメント:2 | TB:0 【しあわせメモ♪】  季節  一期一会 お気楽 

ページTOPへ↑

EDIT

一期一会

別れることの最大の辛さは未来を知れないことだと思う。

どんなに成長してどんなに素敵な大人になっても、知ることすらできない。

おめでとうも言えない。

via: chira_rhythm55

あぁ… あの人は いま
どこで どうしているのだろう…

会えなくてもいい
ことばを交わせなくてもいい
ただ気配を感じられるだけでいい

ボクは ずいぶん歳をとったけれど
あの人は いつまでも歳をとらない

一期一会

via: 接客マナーは心の礎

 

●1年前の今日:ありそうで なかった!

コメント:0 | TB:0 【伝えたいことが あるんや】  一期一会 出会い 存在 別離  ノスタルジー 

ページTOPへ↑

EDIT

来た道 行く道 二人旅

子ども叱るな 来た道だもの
年寄り笑うな 行く道だもの
来た道 行く道 二人旅
これから通る今日の道
通りなおしのできぬ道

(浄土真宗 妙好人)

 
容姿や性格、立居振舞いや考え方は
両親から受継いだものが多いと言われているし
実際、そうだと実感することも少なくない。

ということは...
育児をしている自分たちは、
子どもの頃の自分を育てている
という側面があるんじゃないだろうか?

そして...
なかなか言うことをきかなくて苛立ちを感じる時、
目に入れても痛くないほど可愛いと思う時、
子どもに対して感じる そういうキモチは、
自分の両親も同様に抱いていたということか?

この子たちがいてくれるおかげで
本当に幸せを実感することができる...
今、そう感じていることを
自分たちの両親も感じていたということか?

そう考えると...
親に対する見方や思いは随分と変わってくる。

長く引きずっている意地やわだかまりは影を潜め、
感謝とともに、反省と後悔がこみ上げてくる。

「ありがとう」と「ごめんなさい」が
頭の中で ただ ひたすら 繰り返される。

でも、それと同時に...
いろいろ迷惑や心配をかけたことや
期待に応えられなかったことへの情けなさは薄れ、
意外に自分も役にたつ存在だったのかも知れないと
認めることができるようになれる気もする。

育児というのは
次の世代を育成する作業であるだけでなく、
自分の来た道を振り返る作業にもなっている。

また...
親がその両親に向けた態度や行動とは
いずれ自分が体験するであろうものを
予め見せてもらっている意味があるのだとしたら、

これから先の生き方を
確認したり見直したりするための
とても大切な機会を与えられているということ。

親の立場としては、
育児以外の生活や、育児後の生き方も
少なからず子どもに影響を与えているということ。

いくつになっても親は親
いくつになっても子どもは子ども

その意識があろうがなかろうが
いくつになっても 育て、育てられている。

 
何だか解ったような解らないような
ちょっと曖昧なところもあるのだけれど...

この連鎖を遮るような暮らしは
できる限り避けたほうが良い ということは
ハッキリと言い切れる。

核家族化が一般化してしまった今となっては、
三世代が共有できる時間や空間は少ないが、
せめて、育児や老後の世話などを通じて
家族の意義や自分の役割を再認識しながら
今、此処、一瞬一瞬を大切にしていきたいもの。

 
・・・などと、
思ったり...思わなかったり...

では、お気楽に...(^^)/~~~

 
来た道 行く道 二人旅
via: 鈴木さん家の4コマ漫画

 

●1年前の今日:再会

コメント:2 | TB:0 【ちょっとイイことば】  家族 因縁 教育 感謝 役割  一期一会   

ページTOPへ↑

EDIT

桜満開 春爛漫

桜満開 春爛漫

神社のサクラが満開です。

桜満開 春爛漫

一昨日、昨日の雨にも負けず
枝一杯の花を咲かせてくれています。

桜満開 春爛漫

四季のある日本では、冬枯れの季節は避けることができません。
けれど、サクラサク春爛漫も、毎年こうして訪れてくれます。

桜満開 春爛漫

家族そろって お花見弁当をいただきます。
みんな 春爛漫を 満喫しています。

桜満開 春爛漫

いつ散るか?とか、呑気に花見などしてる場合か?とか
あと何回観れるかな?とか、 …いろんな思いがあるけれど、
今は ただ、このサクラを愛でていよう。。。

桜満開 春爛漫

 

●1年前の今日:きれいごと

コメント:1 | TB:0 【しあわせメモ♪】  季節  一期一会 家族 満喫 お気楽 

ページTOPへ↑

| PAGE-SELECT | NEXT