元気!本気!勇気!毎日の しあわせメモ

EDIT

学校の行事でこんなに感動したのは初めてです

2017文化発表会

今日は中学校で文化発表会がありました。

文化委員の長女は昨日も遅くまで学校に残っていましたが、今朝も早くから登校して準備に余念がありません。

さらに、合唱コンクール最優秀賞クラスとしての指揮とコーラス、吹奏楽部の演奏もあって大忙しです。

教室に展示してある作品も去年よりもグッとレベルアップしていて成長を感じます。

多感な年頃なので手を抜いたりすることもあるだろうと思っていましたが、どれも一所懸命に取組んだことが伝わってくる作品ばかりで嬉しかったです。

2017文化発表会

中でも吹奏楽部の演奏が印象的でした。

聴いている生徒たちが退屈しないように趣向を凝らした工夫があり、普段の演奏会やコンクールとは全く違った楽しいムードを演出しています。

ブラスバンドの定番曲だけでなく、映画やテレビでおなじみの曲や、ブルゾンちえみに扮した先生の協力もあって生徒たちもノリノリでした。

一緒に歌ったり踊ったりする生徒も続出し、最後は会場総立ちのアンコール!

それに応えて夏のコンクールで金賞を受賞した曲を披露。
ステージだけでなく観客席の通路まで拡がって演奏し、会場全体が一つになっての大盛り上がり!

公立中学の文化行事発表会といえば、地味でお堅いイメージですが、エンタメ要素たっぷりでライブ感あふれる感動的な演奏会でした。

去年の今頃、夏のコンクール以降しばらくは部活に行けず辛い時期を過ごしたこともあっただけに、こんな素晴らしい演奏を見せてくれたことが本当に嬉しかったです。

6年生の体育大会で見せてくれた組体操も感動的だったのですが、今日の発表はいろんな思いが重なって更に盛り上がってしまいました。
たぶん誰にも気づかれなかったと思いますが、実は一曲目からウルウルしっぱなしで、最後の曲ではうっかり目から汗がこぼれてしまいました^^;

いつもならバッチリ撮影しているのですが、こんな日に限ってビデオを回していませんでした。
でも、そのおかげで素晴らしい発表をじっくり見せてもらうことができてよかった!

お姉ちゃん、おつかれさま。
本当によく頑張りました。
ありがとう!

・・・などと、
思ったり...思わなかったり...

では、お気楽に...(^^)/~~~

●1年前の今日:
謎の標語看板

コメント:0 | TB:0 【しあわせメモ♪】  中学校 発表会 成長 ライブ 演出 一体 感動  

ページTOPへ↑

EDIT

いよいよ夏本番! スリリンクで熱いライヴを満喫

SWS 2015 Tour in 大阪CafeMake

SWS 2015 Tour in 大阪CafeMake

昨夜のことですが、久しぶりにLIVEに行ってきました。

若い頃に憧れたミュージシャン達のスペシャルユニットです。

SWS 2015 Tour in 大阪CafeMake

一緒に行った友人はバンド小僧だった高校時代の同級生。

開場早々に入店して臨場感を楽しみます。
その間も当然の如く懐かしい話題で盛り上がります。

SWS 2015 Tour in 大阪CafeMake

SWSは本邦屈指のトッププレイヤー3人による、一風変わったセッションユニットです。

ライブ・パフォーマンスの特徴は
全曲オールインプロビゼーション!

何も決めずに、その場のムードに合わせたお題に合わせて演奏をスタート。完全即興の生演奏。

終わり方すら決まっていないので、演っている方も観ている方もスリリングな緊張感に包まれながらも、ノリノリの不思議な空間を満喫しています。

しかし流石に見事に演ってくれますね。
無難にまとめることなく、メンバーが互いに挑発したり煽ったり庇い合ったりしながらのプレイには独特の味があり、セッションユニットとは思えないバンドカラーが色濃く感じられます。

三人三様、持ち場持ち場を完璧にこなしています。
それは演奏だけではなく、MCやファンサービスにも発揮されています。

セッテイングも撤収もセルフで…

ちなみに、SWSツアーでの透さんの楽器は、おなじみの100点セットではなく、こんなにコンパクトで、しかもマイクなしです!

そうる透の生音なんて、そうそう耳にできませんよ。

けれども、やっぱり、いつも通りのパワフルな大音量でした^^;
演奏とともに、チューニングやセッティングのテクニックが、楽器のポテンシャルを最大限に引き出しているのですね。

いや~ ホントに楽しいライブでした。

演奏前からライヴ後の時間まで、ずっとゴキゲンでした。
ぜひまた、3人のスケジュールを合わせて再来して欲しいものです。

次回への期待をふくらませながら、今日もライヴの余韻は続いています。

・・・などと、
思ったり...思わなかったり...

では、お気楽に...(^^)/~~~

サインもらいました!
●1年前の今日:
硬いものは硬いままでイイような気もします

コメント:0 | TB:0 【しあわせメモ♪】  ライブ 音楽 満喫 

ページTOPへ↑

EDIT

おかげで元気でてきたよ!

indigo jam unit

昨晩は、久しぶりの Billboard Live OSAKA で
indigo jam unit の 2ndステージを堪能!

彼らの演奏は初めて生で聴いたのですが
期待を遥かに上回るゴキゲンなパフォーマンスでした。


indigo jam unit "Roots"

いや~
とにかく若い!

最初から最後まで 若さ炸裂です!

acid jazz系としては、荒削りで
テクニック的には未だこれからという部分もありますが
高いところを目指している勢いはビンビン伝わってくるし
なによりも その若さを余すところなくぶちまけていて
エネルギッシュで爽やかなプレイに惹きつけられます。

ドラムスのシミー的に言うと…
これぞ ファンシー ってカンジ!

誰もが魅了されずにはいられないですね。


indigo jam unit "2×2"

おなじみのクールでテクニカルな曲が満載でしたが
ステージは終始パワーが溢れかえり
おしゃれなクラブとは違う熱さが漲っていました。

メンバー全員に共通して
今・此処 一発に賭けるノリの要素が前面に出るタイプなので
クラブ系よりは、もう少しソウルフルな楽曲にシフトしていくと
もっと!彼らの魅力がブレイクするんじゃないかなぁ

youtubeのリンクを貼っておきながら何ですが…
彼らのパフォーマンスは、生で体験してみないと
伝わりにくい魅力がいっぱいですね。

indigo jam unit

あぁ! それと…
彼らとビルボードライブのコラボタオルが
オーディエンス全員にプレゼントされました。

これはラッキー!
予想外のお土産、とっても嬉しかったなぁ(^^)/

ここ暫くの間
どうも気分がスッキリとしない日が多かったのですが
昨晩は 久しぶりにストレスを発散できた気がします。

こじらせたココロの風邪も
日増しに良くなっているようです。

さぁ! 次のステップへの準備も
しっかり進めていかなくちゃ!

・・・などと、
思ったり...思わなかったり...

では、お気楽に...(^^)/~~~

 

●1年前の今日:案ずるという行為

コメント:0 | TB:0 【しあわせメモ♪】  音楽 JAZZ ライブ 満喫 

ページTOPへ↑

EDIT

怪我の功名

金環日食

今朝は日本でも広い地域で
金環日蝕が観測できるということで
大騒ぎになっていましたね。

あいにくの曇り空でしたが
自宅のベランダから太陽の満ち欠けを
しっかり観察することができました。

学校で借りてきた日食グラスも大活躍で
子どもたちも大喜びのライブイベントでした(^^)/

金環日食

さて、
お騒がせしております
ドジッて怪我した話の後日談ですが…

今日、レントゲンを撮って診てもらったら
左足首、右手第三指ともに軽い骨折…とのこと。

やっぱり! 骨が折れちゃってましたwww(^^ゞ

でも、
「軽い骨折」って… どうよ。

まぁ、軽いんだから大丈夫なんでしょーね。

…というわけで
テーピングと湿布、アイシングで様子をみることになりました。

ご心配いただいた方々…
本当に ありがとうございます。  大丈夫です。

金環日食

完全な金環食は3分程度に感じましたが
めったに体験できない日食を観ることができて
ホントにラッキーでした。

しかも、薄曇りだったことが幸いして
減光フィルターがなくても
ビデオや写真を撮ることができました(^^)/

これぞ怪我の功名です!

マイナス要因だと思っていたことが
思いのほか功を奏すると、歓びもひとしおですね~

一昨日の怪我も軽傷で済みましたし
そのおかげで日曜はゆっくり休養できました。

そして、たくさんの友人知人から
暖かいメッセージをいただくことができて
ホント嬉しかったです。

やや飛躍しすぎかもしれませんが^^;
これも まさに怪我の功名ですよね~

・・・などと、
思ったり...思わなかったり...

では、お気楽に...(^^)/~~~

 

●1年前の今日:何を信じろと…?

コメント:2 | TB:0 【しあわせメモ♪】  天体観測 骨折 家族 ライブ お気楽 

ページTOPへ↑

EDIT

コンサート中に鳴り響く着メロ


Nokia ringtone during concert of classical music

いやぁ ホント
ウイットに富んだ素晴らしい対応ですね。

演者自身はもちろん、他の観客だって
当然、腹立たしい場面だったのですが、
彼の こういう臨機応変な行動と態度が、
逆にプラスアルファを生み出したように思います。

最悪の事態になりかねなかった状況が
ライブの魅力というカタチに置き換えられています。

むしろ良かった記憶として残るような気もします。

生演奏というのは、レコードとは違って
基本的には一発本番、その場限りのものだから、
失敗しちゃいけない… 邪魔しちゃいけない…
そういう緊張感の下で行われています。

けれども、それと同時に
天候や体調、客層など、その場その場の様々な環境が
演奏と相関わり合って全体としての「場」になっていて、
前述の緊張感を含めて、その「場」を体感すること自体が
ライブの醍醐味だと言って良いでしょう。

だからこそ、
その醍醐味を活かすも殺すも
その「場」を構成する人たちの手にかかっているのであって
このバイオリニストの素晴らしい機転とともに
それを受け容れて喝采した観客も素晴らしいの一言です。

とは言え…
やっぱり最低限のマナーは押さえておきたいものですね。

・・・などと、
思ったり...思わなかったり...

では、お気楽に...(^^)/~~~

 
コンサート中に鳴り響く着メロ

●1年前の今日:冬本番!! だっていうのに?

コメント:0 | TB:0 【しあわせメモ♪】  音楽 共感 ライブ マナー ケータイ 視点 

ページTOPへ↑

EDIT

こんな風に歳をとりたいな...と思う。

EPO with センチメンタル・シティ・ロマンス

 
昨晩、気のおけない仲間と一緒に
久しぶレの Billboard LIVE を訪れた。

「EPO with センチメンタル・シティ・ロマンス」の
セカンドステージ。

ひととおり食事もすませ
アルコールもまわりつつある
まったりとした時間が
ゆっくりと過ぎていく。

 
それにしても…
センチの兄貴たちは
相変わらずカッコ良かった!

今も昔もマイペース。
進化しつつも 芯はぶれない。

長く続ける秘訣なんだろうと思う。

シワも増えたし 多少は老けたけど
禿げてないし バリバリ上手いし
まだまだ悪そうな顔しているし…

こんな風に歳をとりたいな...と思う。

 
EPOと言えば、
80年代のJ-POPを代表する人だし
元気で明るいヒット曲も多い。

けれど、そのころから既に
しっとり じっくり歌った曲も少なくなく
むしろ その中に名曲がたくさんある。

そして、元気ハツラツのEPOも次第に歳を重ね
音楽に限らない活動の幅を拡げていくと共に
さらに、しっとり じっくり歌う曲が増え
いつしか、かつてのイメージは一変した。

正直、若いころの彼女の印象は、
声がキレイな歌の上手い人でしかなかったが、
近年の円熟ぶりには目を見張るものがある。

こんな風に歳をとりたいな...と思う。

 
「Down Town」「土曜の夜はパラダイス」など
ピチピチだった頃のヒット曲はもちろん、
「グッドナイトベイビー」などナツメロのカバー等
History of Japanese POP のタイトルに相応しい
とってもハッピーで めちゃめちゃ楽しいステージは
23時を過ぎても終わらない。。。

いよいよ盛上がりもピークに差かかったころ
EPOの夫でもある舞台俳優の宮川雅彦氏が登場。

EPOの創作童話「光になった馬。」を朗読した。

 
東日本大震災で、2人のお子様を亡くされた女性が、
ラジオで偶然耳にしたのが、この童話なのだという。

その方が投稿サイトで作者探しをしたことから話題になり
10月1日にCDブックとして出版された。

そのCDブックに収録されている曲が「たったひとつの」。

 
「光になった馬。」を朗読を受けて
語りかけるように聴かせてくれた「たったひとつの」。

 

EPO - たったひとつの

 
思わず 涙がこぼれ落ちた。

気がつけば
みっともないくらいのボロ泣き状態。

かなり恥ずかしかったけれど^^;
オッサンであることも忘れて浸りきった。

 
いや~ 昨晩のライブ
ホントに良かったよ。

そして、やっぱり
かな~り恥ずかしかったな(^^ゞ

 

CDブック『光になった馬。-たったひとつの-』

 

 

●1年前の今日:休みながらでもいいから、続けること

コメント:2 | TB:0 【しあわせメモ♪】  音楽 ライブ 仲間 生きる  満喫 お気楽 

ページTOPへ↑

EDIT

着物でブルース


Kimono de BLUES 演奏 静沢真紀

 
音だけ聴くと
マスター、バーボン
と言いたいところですが

映像と一緒に聴くと
女将、もう一本つけてくれ
と言いたくなります。

 
しかし、違和感あまりないな~

やっぱり!
ブルースは演歌だ!

前々から思っていたのだけれど、
うん。 これ見て納得! 確信できたよ (^_-)

着物でブルース

 

●1年前の今日:迷うのは、心が柔らかいから

コメント:2 | TB:1 【なに?コレ?】  音楽 ライブ  お気楽 

ページTOPへ↑

EDIT

「一音一会」 成尾亜矢子ピアノリサイタル

成尾亜矢子ピアノリサイタル「一音一会」

 
Ayakoさん...

いろんなことがありましたね。

それも 辛い事が多かった。

でも、こうして
元気な勇姿を目にすることができて
本当によかったと思います。

とっても素敵なコンサートでした。

大胆さと繊細さ、前向きな強さと哀しさが
想いのままに溢れ出したような演奏に触れて
思わず熱いものが込み上げてきました。

演者と聴衆の一体感も並外れた高さでした。

 
クラシックが クラシックと呼ばれていなかった頃、
きっと こういう演奏が多かったのだろうと思う。

そして...
これまでに起こってきた出来事、
これから目の当たりにする出来事、
それらには 全て 大切な意味がある...
きっと そうなんだと思う。

 
それにしても...

コンサートの2日前に恩人に逝かれ
コンサート当日が告別式になるなんて...

どこまでも哀しく やるせない物語。

大いなる悲哀を満喫しきっている貴方だから
こんな空間を創り出すことができるのだと思います。

感動しました。

嬉しかったよ。 本当に ありがとう。

では、お気楽に..(^^)/~~~

 

●1年前の今日:秋晴れの水都大阪2009

コメント:0 | TB:0 【しあわせメモ♪】  音楽 ライブ 天命 一如 一体 感謝 

ページTOPへ↑

EDIT

THE FORCE

村上ポンタ秀一 THE FORCE

昨晩は、周防町の新しいライヴハウス
心斎橋JANUSで 楽しんできた。

 
先月、12~3年ぶりに再会した
青春時代のバンド仲間と2人で待ち合わせ。

整理券番号1番&2番だから
難なく中央のかぶりつきに陣取る。

 
19:30からのステージは、
村上ポンタ秀一(Dr)率いる「THE FORCE」

山下洋輔(P)/坂井紅介(B)/天田透(bass-flute)

いずれ劣らぬビッグネームのライヴが
たっぷり2時間 楽しめて5000円!

とりわけ!
ベニスケ坂井のベースはサイコー(^_^)v

年齢層かなり高めのオーディエンスも盛り上がりをみせ
円熟味を増したスペシャルトリオ+1のパフォーマンスは
予想以上の興奮と感動を与えてくれた。。。

 
それにしても...
ポンタ老けたなぁ~

大病に伏してから急激に痩せこけて
かつてのナイスガイの風情はどこへやら...
すっかりジジイになってしまって
エロイ毒舌も 呂律が回らず歯切れが良くない。

プレイは 最盛期とは比べられないとしても
けっして大人しくはなく、前向きなキモチは伝わってくる。

変化・進化し続ける姿には恐れ入る。。。

…が、やはり、
その変化は、同時に衰えでもあることは否定できず、
かつて無比の存在として君臨していた偉大なる存在の
確実に着々と枯れてゆく姿を目の当たりにして
進化や熟成という表現が 虚しく感じる自分がいた。

大人になってから 父親を見るようなキモチか。。。

 
同行した元ギタリストは、今や立派な会社の支店長。

しかし、先月の再会の時とは うってかわって
な~んとなく 元気がない。 ゴキゲンなライヴなのに...

年齢とともに、経験とともに、
いろんな 複雑な 面倒くさいことが降りかかる。

もちろん、そういう厄介なことだけじゃなくて
うれしいこと 楽しいことも いっぱいあるのだけど...

それらは
選択して掴んだり避けたりできることだけじゃくて
どう転んでも避けられない宿命といっていいようなものか?

少なくとも 老いや死は 誰にも避けられない。

自分みたいに のんびり お気楽にしていても
それだけでは済まされないことはある。

ましてや 責任ある立場で頑張っている人なら…
ましてや 人気も実績も豊富な一流の演奏家なら…

 
ホンマに いろいろ あるわ。。。

 
そんなセンチなおっさんの寝言とは関係なく、
ポンタや山下さんたちは、
ホンマに心底 楽しそうに奏っていたな。

だから あんなに盛り上がったんやと思う。。。

 
考えたってどうしようもないことに憂えず、
といって、それらに対して見て見ぬふりをせず、
厄介や面倒にも しっかり向き合って、
それでいて なおかつ その時々を満喫する。。。

それが お気楽な生き方。
それが お気楽なFORCE!

なんにも考えず、ぼんやりと...じゃない「お気楽」を
ちゃ~んと実践していく時期に入ってきているな。。。

 
などと、思ったり... 思わなかったり...(^^ゞ

 

村上"ポンタ"秀一インタビュー

 

●1年前の今日:すべては選択できる!?

コメント:0 | TB:0 【しあわせメモ♪】  お気楽 音楽 JAZZ ライブ 生きる 変化 進化 老い 生死  

ページTOPへ↑

EDIT

やっぱりLIVEがエエわ

NANIWA EXP in Mister Kelly's

 
梅田のMister Kelly'sへ。

今夜のライブは、NANIWA EXPRESS!

演ってる方も 観てる方も
エエ歳してんのに
どいつもこいつも はしゃぎ過ぎ!

あ゛~... 足腰つかれた~

心地よい 脱力感やね...  うん(^_^)v

 

NANIWA EXP 2010_2_28コメント 10/03/02追記↓

 

●1年前の今日:浪費を楽しむ

コメント:2 | TB:0 【しあわせメモ♪】  浪花エキスプレス 音楽 ライブ 

ページTOPへ↑

EDIT

LIVEの夜


マリーン marlene - I won't last a day without you

 
昨晩は、マリーンのLIVE。
馴染みの Billboard LIVE Osaka へ...

20:30の開場に合わせて
いつもの仲間たちと合流、
軽く飲りながら 21:30の開演を待つ。

 
彼女は、予定より少し遅れて現れた。

登場するとともに
あちこちから飛び交う
「カワイイ~」という声援。

バブル期のJAZZブームの頃には
アイドル的存在であったこともあるとは言え、
2児の母、50歳には、とても見えない。

 

マリーン marlene - NEW YORK,NEW YORK

 
しかし、デビュー30周年のベテラン
もちろん! キュートなだけじゃない...

生マリーンを聴くのは約20年ふりだけど、
さらにパワフルで、よりセンシティヴに...
たっぷりと大人の魅力を満期ささせてくれた。

 
そして、なんといっても
そのエンターテイメント性の高さはピカイチ!

ライブハウスでのパフォーマンスだといっても
コンサートスタイルになりがちなステージが多い中、
とてもリラックスした雰囲気の中で魅せる、
細部にわたる演出と彼女の表現力の豊かさは
ショーとしての価値が圧倒的に高かった。

これぞ! まさに! ナイトクラブ!

 
もちろん!
あの It's Magic も演ってくれたのだけど
今の彼女には もう必要ないな と実感した。

ファンサービス上
仕方がないのかも知れないけど
ここに集まった人たちの殆どが
そう感じていると思う。

何曲かのヒットを頼りに
過去を引きずっているシンガーじゃないし、
オーディエンスも、それを認めている。

 
体調は万全ではなかったようだけれど
彼女のパフォーマンスは圧巻!
完全に惹き込まれてしまった90分だった。

2曲のアンコールに応えてくれた後、
いつまでも頭を下げていたのも
とっても 印象的だった。。。

 

マリーン Marlene - THE WAY WE WERE

 
なんとなく… しみじみと…

時代も変わって、マリーンも変わって、
そして、自分も変わってきたんだなと思う。

 
何か…

抑えてきたものから 解き放たれた気分…

 
それが何かは わからない…

 
でも、たしかに
彼女のステージを観ていて
彼女の唄声を聴いていて

何かが 外れるのを感じた。

 
スコンッと落ちたって感じ じゃない。

 
そーっと 静かに あけてくれたよ。

 
そして 一筋の涙が こぼれ落ちた。

 
とっても しあわせな気分。。。

あ り が と う

 

●1年前の今日:鬼は外 福は内

コメント:2 | TB:0 【しあわせメモ♪】  音楽 JAZZ ライブ 

ページTOPへ↑

EDIT

フラと プラと コバ サイコー!

Fried Pride Tour 2009@OSAKA 「A Time For Love ~スペシャルゲストcoba~」

 
昨夜は、えいちゃんたちと一緒に
Billboard LIVE OSAKA へ...

Fried Pride Tour 2009@OSAKA 「A Time For Love」

 
8月には しーちゃんのユニットを聴かせてもらっていたけど、
"Fried Pride"としては、1月末以来ひさびさののライヴ体験。

楽しみにしていたけれど、期待した以上!
これまでの中も最高のパフォーマンスだったよ!

ショパンからMJ、Deep Purple、サザンと...
幅広いジャンルから彼らならではのアレンジを
たっぷり!堪能させてくれるのは もちろんのこと…

今回は、coba氏がゲストで参加してくれたのがウレシイ!

 
coba氏は、レコードもイイのだけれど
断然!ライヴの素晴らしさとは比べられないので
Fried Prideのライヴでありながら
coba観たさ的に ずっと楽しみにしていたのだ(^_^)v

ゲスト出演は、以前から公表されていたのだけど
知らずに訪れた人達もいたみたいで
彼が紹介されて現れた時には
一瞬、サプライズな ザワメキが広がっていた。

演奏が始まるやいなや
そのザワメキは、ドヨメキに変わり、いつしか
3nights Live 2nd Stage のオーディエンス全員が
3人の醸し出す空間に心酔していくのを感じた。

いや~ ホンマに...
フラと プラと コバ サイコーやわ!

 
そして、昨晩の本当のサプライズは
アンコールのときに おこった。。。

 
いつになく力強い手拍子。

しかし、なかなか反応がない。

ちょっと心配になったけど、
誰ひとり 手を止める者はいない。

 
と、そのとき…
ホール中央の明かりが灯された。。。

今夜は時間も遅いし、アンコールなしか...
そう思った瞬間、

2人が 客席後方からホールに現れた!

 
「今日は、せっかくのアンコールなので
 生で お聴かせしたいと思います...」

しーちゃんが そう言って、
"Close To You"を PAなしの本生で歌い始めた。

もちろん!傍には よこチンの生ギター。

 
しかも・・・

2人はそのまま ホールをくまなく歩いて、
オーディエンスとハイタッチを交わして回ってくれた。

何人かだけじゃなくて... 全員と...!

これには グッときなた~

 
いつの間にかステージには、再び coba氏の姿も...
"Close To You"のコーラスはホール一杯に拡がっていた。

永遠に続くんじゃないかと思わせるほどの
たおやかで 温かい 一体感を 誰もが味わっていたと思う。

今度のアルバム、「テーマは愛」って言ってたこと
ハッキリ!わかった。伝わってきたよ。  うん。

いや~ ホンマに...
フラと プラと コバ サイコーやわ!

 

 

●1年前の今日:隠れ家にて….3

コメント:0 | TB:0 【しあわせメモ♪】  お気楽 ライブ 音楽 サプライズ 一如  

ページTOPへ↑

EDIT

ライブ、出会い、そして夜が更ける

今夜は、久しぶりの
熱帯JAZZ楽団のライブへ...

いつものようなライブハウスじゃなくて
コンサートホールだったので、
キッチリしてるんやろうな~ と思っていたら…
意外に!けっこう!遊んでくれたから
ノリノリの 汗ビショで
心地よい疲労感に浸かりまくってきました^^;

その後は、
ライブ仲間と京橋で一杯。

一杯のはずが、
2本、3本と
ワインボトルが並んでいく…

今日の出会いも
ホントによかったよ。。。

よかったついでに…
心斎橋で もう一杯...^^;

隠れ家を教えてくれて ありがとう。

長いつきあいになりそうな気配。
たぶん... きっと...!

よかった よかった(^^)/

 

●1年前の今日:浜松町の夜は更けてゆく…

コメント:0 | TB:0 【しあわせメモ♪】  お気楽 ライブ 仲間  音楽 

ページTOPへ↑

EDIT

ゴキゲンLIVE

Shiho&小島良喜・Live in 尼崎

Shiho&小島良喜・Live in 尼崎

 
しーちゃん サイコー!

コジコジ サイコー!

Calling You サイコー!

Ribbon In The Sky サイコー

ポール ジャクソンの乱入も
ベースなしながら サイコー!

 
もう 今夜は
サイコーに ゴキゲン!

 

●1年前の今日:今年は遅めの墓参り

コメント:0 | TB:0 【しあわせメモ♪】  お気楽 音楽 ライブ 

ページTOPへ↑

EDIT

The 3 Guitars!

The 3Guitars!

昨晩は、
えいちゃんたちと一緒に
ビルボードライブ大阪へ…

 
The 3Guitars としては初公演!

ツアーの初日とあって、
ちょっと硬さも漂っていたけれど

いや~
ん~~~っ! 大満足!

 
是方氏って、
いつ聴いても、何を弾いても
やっぱ! 是方氏やな~(^^ゞ

オッサンに囲まれてたアイドル久美ちゃん…
club PANGAEA で奏るよりもハマってたかも!

梶原氏って人は、
高校の同級生ギタリスト望月君の姿と
どうも かぶるんやな~ 顔も雰囲気も…(^^ゞ

 
企画モンとしては、期待を裏切る上出来のステージ!
いやホンマ... ひさびさに心震えるLIVEでした(^^)/

よかった よかった(^^)/

 

●1年前の今日:マニアでなくても…

コメント:0 | TB:0 【しあわせメモ♪】  音楽 ライブ 

ページTOPへ↑

| PAGE-SELECT | NEXT