元気!本気!勇気!毎日の しあわせメモ

EDIT

プラスの言葉 マイナスの言葉

「マイナスの言葉を使うな!プラスの言葉を使え。そうすれば成功できる!」

これ、モチベーションの王道です。成功哲学系の本、モチベーション系の本、自己啓発系の本。どれを読んでもそう書いてあります。この企業は「マイナスの言葉を使うな!プラスの言葉を使え」を実践しているんでしょう。

マイナスの言葉。

「もうダメかもしれない。」「疲れた。」「うまくいくわけがない。」「失敗したらどうしよう。」「どうせ・・」

確かに、書くだけで気持ちが落ち込んでしまいます。

マイナスの言葉を話せば気持ちもマイナスになる。言葉には力がある。話した言葉が現実のものとなる。マイナスの言葉を話せば、マイナスの事が実現してしまう。だから「マイナスの言葉を使うな!」ということ。

なんとなく、分かるような気がするが・・

プラスの言葉。

「自分はできる。」「絶対にうまくいく!」「きっとやれるハズ!」「メチャ元気。」「自分を信じる」「夢は必ず実現する。」「成功者になれる」「チャンスは必ず訪れる」「幸運をつかむ」

書いていると、確かに、元気がでてきます。

気持ちが落ち込んでいても、プラスの言葉を言えば、元気になる。プラスの言葉を話せば、プラスの事が実現できる。だから「プラスの言葉のみを使え」ということ。

「お疲れ様」という言葉の代わりに、「お元気様」という企業も、このような意味で、プラスの言葉で挨拶をされているのかもしれません。

だけど、どうなんでしょう?マイナスの言葉を押し殺して、無理矢理プラスの言葉を使い続けるってことってホントにいいんでしょうか?

via: モチベーションは楽しさ創造から

 
ずっと前から、同様の違和感を感じてます。

ポジティブシンキング・オタクみたいな人も
いっぱい見てきたし、
「お元気さま」「お楽しみさま」
「顔晴れ」みたいなコトバを多用する人にも
たくさん出会ってきました。

でも、
そういう人が
うまくいって幸せにしているわけじゃなくて
むしろ、そんな人の多くが
逆に辛そうな顔をしていたように感じます。

 
プラスの言葉を使うことに
反対するつもりは、まったくありません。

ただ、
マイナスの言葉を封じる必要はない!
と思うんです。

 
問題は、
マイナスばかりに目を向けてしまうこと
…なんです  よね。

つまり、
プラスも見れるようになるバランスが大事なのであって、
プラス要素だけしか見ないようにすることではない...
…ということなんだと思います。

プラスばかりに目を向けようとすることも
また同様に問題があるのだ と思っています。
 

私も、この事は20年くらい前から知っているし、心がけてはいるんですが、出てしまうんですよね。マイナスの言葉が。

「いかん!いかん!マイナスな言葉を出してしまった」とその時は反省します。

しかしまたついマイナスの言葉がでてしまう。

「ダメだ、ダメだ。こんなことでは」とマイナスな言葉を言いながら、また反省。

私などは、根がいい加減な性分なんで、このレベルの話で済んでいます。しかし、本気で「マイナスの言葉を使うな!プラスの言葉を使え。そうすれば成功できる!」という言葉を信じている、マイナス思考気味の人であれば、このような繰り返しにより、かえって精神が冒されていく人も多いのではないでしょうか?

自分のマイナスの声に敏感になっている姿などを見ると、「ドアのぶも直接手で触ることができない、清潔ノイローゼの女性」のとダブって見えてしまいます。

マイナスな言葉はダメだという事で、ココロの声(マイナスな声)を押し殺そうとする。

ココロの声を無理矢理押し殺し続けると、それがある時、爆発する。

その時から、ココロが病んでしまう、ココロが破綻してしまうのではないでしょうか?

「お元気様」の企業の社員さんなんか、ホント心配になってしまいます。

世の中、不必要なものってないと思うのです。

「マイナスの言葉」も必要から生まれてきたんではないでしょうか?

via: モチベーションは楽しさ創造から

 
プラスも マイナスも
捉え方の違い、視点の違いであって
実は、同じ現象の感じ方の違いです。

長所と短所が
メリットとデメリットが
いつも裏腹であるように…

 
プラスを意識し過ぎることは、
実は、マイナスを意識することになる...
 

「マイナスの言葉を使うな!プラスの言葉を使え。」ではなく、
「マイナスの言葉で締めるな。プラスの言葉で締めろ!」

これでいいんじゃないでしょうか?

これだったら、できる気がしませんか?

自分のマイナスの気持ちも吐き出すことができ、さらに最後に気持ちが、グーンと前向きになりますからね。

via: モチベーションは楽しさ創造から

 
「諦め」というのも
とても積極的な行動だと思うし、
本当の意味で
マイナス要素をデトックスできると思います。

 
プラスの言葉で諦めろ!

 
これ イイですね。   うん。。。

 

ネガティブのすすめ―プラス思考にうんざりしているあなた 仕事が10倍うまくいくマイナス思考術 ちょうどいいライフ

 

●1年前の今日:各種「顔ハメ大賞」に輝く…

コメント:4 | TB:0 【伝えたいことが あるんや】  お気楽 コトバ モチベーション ヤル気 ポジティブシンキング 

ページTOPへ↑

EDIT

本来のプラス思考とは

本来のプラス思考とは

本来のブラス思考とは、
自分には選択の余地がある!
そういう視点にたつこと。

 
どんな時でも 明るく
何でも イイように考えるのが
ポジティブシンキングだとか
プラス思考だとかいうのには
ハッキリ言って、うんざり..していました。

交通事故で、車にハネられても、
これも何かラッキーなことの前触れだ とか...

親しい人が亡くなっても
この経験が将来に役立つのだ とか...

そんなん どう考えても おかしいわ!

辛いときには辛いと感じ
悲しいときには悲しいと感じるのも
自然なことやし、健康なことやと思う。

プラス・マイナスが問題なのではなく
固定観念に囚われない自由自在な心持ち…
これしかない!という、こだわりに縛られず
違う視点に立てることこそが
本来のプラス思考なのだと思います。

 

●1年前の今日:歌え!ルーツ飲んでゴー!

コメント:0 | TB:0 【しあわせメモ♪】  お気楽 ポジティブシンキング 

ページTOPへ↑

| PAGE-SELECT |