元気!本気!勇気!毎日の しあわせメモ

EDIT

誰にも向けずにキモチをぶちまけるワーク

PCが故障したり、スケジュールが合わなかったり、仕事が捗らなかったり、体調が優れなかったり、コミュニケーションがぎこちなくなったり…
先月後半から どうもパッとしない日が続いております。

とはいえ、致命的な問題は起きていないし、今のところなんとかなっているし、まぁイイか! って感じで、お気楽にやり過ごしています。

ですが、この不調というか、ちぐはぐというか、イマイチ感や、無性に寂しかったり悲しかったりする現象は、どうも自分ひとりのものではなかったようです。

友人知人の何人かは怪我をしたり体調を崩したりしていますし、予定が大幅に狂った人や、停滞期が続いている人、盗難にあった人などもいます。

自分の周囲だけのローカルなことなのか、世間一般にも当てはまることなのかはわかりませんが、なんだかパッとしない人がけっこういます。

とはいえ、これまた今のところ致命的な問題は起きておらず、なんとかなっているようで、まぁこんなもんか! って感じで、お気楽に静観しております。

気の利いた例えではありませんが、ミサイルが発射されて緊張が高まりましたが、今のところ致命的な一大事には至っていませんしね。
長い時の流れの中での季節の変わり目のような時期があるのかもしれません。

そんな日もあるわ… と思いつつ、明日も最善を尽くして、自分にできることを精一杯やっていこうと思います。

・・・などと、 書いてはみましたが、どうにもこうにもイライラが抑えきれない、悲しさや悔しさに苛まされて仕方がないという時もなくはないです。

実は、今日もそんな試練に見舞われまして、人間としての熟成度を試されております。

こういう時は何をやってもパッとしないので派手な動きは墓穴を掘りがちですね。

特に誰かと言い争ったり、他者に不満をぶつけたりすると、二倍三倍になって返ってきたりしてしまいます。

そんな時には「誰にも向けずにキモチをぶちまけるワーク」が効果的です。

不平不満や怒り、悲しみや苦しみ、悔しさなどは、概して溜め込むとろくなことになりません。

ですから、随時アウトプットしてやる必要があります。

しかし、誰かに向けて吐き出してしまうと逆効果になりがち。

というわけで、片っ端から紙に書き出してやるわけです。

不平不満や怒り、悲しみや苦しみ、悔しさ、なんでもかんでも書きなぐります。

書き終わったら、くしゃくしゃに丸めて捨てましょう。

ただ、それだけです。

燃やすという人もいますが、呪術っぽい雰囲気に浸ると変なムードになるような気がするので自分は採用していません^^;

地味で面倒くさいですが、それなりに効果は感じられます。

少なくとも突発的な行動に出る衝動はなくなります。

その場をしのげればなんとかなります。

一晩寝て心身の疲れがとれてから改めて考えると、冷静な判断ができますし、意外にもイライラはどこかへ消えていることが少なくありません。

もし、何か内面に溜まりつつあるなと思うフシがあるようでしたら、ダメ元で試してみてください。

では、今から今日の残念だったこと、悲しいかったこと、後悔していることを書きなぐりたいと思います。

あ、そうそう!
それと、もう一つ・・・

カツオドリ おちゃめだね!

カツオドリ見て元気出して

via: Twitter / _hitonokuzu

カツオドリ ひょうきんだね!

コレも効くかも(^^)v

・・・などと、
思ったり...思わなかったり...

では、お気楽に...(^^)/~~~

●1年前の今日:
日本は水の豊かな国なのです

コメント:0 | TB:0 【しあわせメモ♪】  お気楽 キモチ デトックス 心理 ハック カツオドリ 

ページTOPへ↑

EDIT

ニャンコのリラクゼーション

毛が抜けるのでついに直コロコロはじめましたが、えらく気持ちいいらしく、どんどん平べったくなっていく…

via: Twitter / tsuji5jp

ネコの背中を粘着ローラーでコロコロしてやる

これはキモチ良さそう~

人間でいうと
あかすり
みたいなもんかな
^^;

完全にとろけきってるwww

・・・などと、
思ったり...思わなかったり...

では、お気楽に...(^^)/~~~

●1年前の今日:
五月晴れの親子お気楽ピクニック

コメント:0 | TB:0 【しあわせメモ♪】   リラックス 快適 デトックス お気楽 

ページTOPへ↑

EDIT

泣くべきとき

泣くべきときに泣かないで長いことすごすと、涙でいっぱいの袋みたいになってしまう。平気なつもりでいても、正しく流されなかった涙は袋のなかに貯蔵される。袋はどんどんふくれあがり、ふくれたぶんだけ脆くなる。そしていつかは、多くの場合は心遣いや共感のようなものをきっかけにして、ぱん、と割れてしまうのだ。

via: 涙袋 - 傘をひらいて、空を

 
人生の節目節目の そこ此処に
「泣くべきとき」 というものが ある。

 
育った環境や教育や体験から
「泣いたら あかん」という思い込みが
強く根付いている人も多いようだけれど、
やはり、
「泣くべきとき」 というのは確かにある。

正しく流されなかった涙は
気がつかないうちに 少しずつ鬱積し続け、
それと共に得体の知れないものに変質していく。

科学的、生理学的に
涙は そのようなものではないにせよ、
だからと言って
涙は 眼球や角膜を保護するだけのものではない。

心を揺さぶり、胸の奥を掻き毟り、
自身の深層に蠢くものを顕し出したり、
他者の姿の中に、自分の真相を見出したりしながら、
あたかも排泄物の如く流れ落ちて浄化を促す。

だから
「泣くべきとき」には泣かなきゃ...なのだろう。

それは、わりと容易く想像も理解もできる。

けれども、実際には、
泣けないこと、泣きたくないこと、
または「泣くべきとき」じゃなかったことにしたいこと、
人それぞれの、さまざまな事情や感情が、
泣くことを拒否したり、無意味化することも多いもの。

そうして心のデトックスができないと
具合の悪いことが待っているような気がするし、
人情味のない冷たい人間だと思われるような気もする。

 
しかしながら、それは その人にとって
まだ「泣くべきとき」じゃないのかも知れない、とも感じる。

意図的に、あるいは無意識的に制御して
「泣くべきとき」に泣かないでいたとしても、
鬱積した得体の知れないものが破裂するときが
いづれ訪れることになる。

破裂というのは衝撃的で強力な刺激を伴うものだから
ついつい、悪い結末なのではないかと感じてしまうのだけど、
もしかしたら、それもまた 思い込みだと考えることもできる。

人によっては、場合によっては、
「破裂するとき」が「泣くべきとき」で、
そのときを迎えてようやく涙が機能するのかも知れない。

そういう風に考えると、
普段、あまり泣けないからといって
あれこれ心配する必要もないし、
ましてや責めを負う理由もない。

「泣けるとき」こそが「泣くべきとき」なのだ。

 
とはいえ、やっぱり...
日常のそこ此処で泣けるものなら泣いておきたい。

鬱積させて破裂を待つほどの辛い涙は
できることなら避けたいと思うのが人情。  でしょ(^^ゞ

泣き虫の自分にとっては、蛇足かも知れないけれど。。。

 
・・・などと、
思ったり...思わなかったり...

では、お気楽に...(^^)/~~~

泣くべきとき

 

●1年前の今日:夏休み最後の日曜日

コメント:0 | TB:0 【しあわせメモ♪】   心の叫び 心理 デトックス 

ページTOPへ↑

EDIT

終わりの始まり

今、起きていること(または自分がもう始めてしまったこと)はすでに終わりつつあることなんだ。目の前のことは幻かもしれない。次に自分は何をしようか考えていよう。それは意思の問題だから。

via: Perrier

 
朝、会社へ向かうために
家を一歩 出た瞬間から
既に到着へのカウントダウンが始まっている。

始めるということは、
終わりへの始まりだということやね。

 
そして…

通勤の途中では、
行きたい、行きたくないに関わらず、
行かなくちゃ行かなくちゃという思いがあるが、
会社に着いた途端に、その思いは消える。

当たり前のことだと言えば、それまでだけど、
なるようになってしまえば、思いは消えてしまう
...ということは確かにある。

 
困ったことが起こっていて、
面倒なことにハマってしまって、
イヤだな~ どうしよ~ 困った~
…という思いに襲われていたとしても、

行くところまで行けば
やっぱり その思いは消えてしまう...

 
その困ったことや面倒ってヤツは、
無意識の中に蠢いている嫌な思いを
消すために現われ出てきていると言ってもイイ。

 
ある意味で、現象とは、
現われ出てきている無意識であり、
現われ出た時点で無意識ではなくなる。

すなわち、
それが 心のデトックスの鍵。

 
そういうことなんじゃないかと
思ったり 思わなかったり... (^^ゞ

終わりの始まり

 

●1年前の今日:ゆきな画伯 秋の新作

コメント:0 | TB:0 【しあわせメモ♪】  お気楽 心の叫び デトックス 

ページTOPへ↑

EDIT

泣いてもエエねんで

子供を泣かせるのがうまい大人は多いが、
子供を泣きやませるのがうまい大人はほとんどいない。

・・・・・・・・

泣きながら何度も考えた。どうして涙を流すことはいけないんだろう? つらいことや悲しい気持ちを泣いて静めるのは、どうしていけないんだろう?

そして一つの結論に達した。「大人は、子供が泣いているのを見るに堪えなくて、無理矢理にでも泣きやませようとしているのだ」と。これはもしかしたら間違っているかもしれない。でも、一つのことは確かだ。つまり、大人が考えているほど、子供は単純に泣き止んだりなどしないものだ。

子供は泣いているとき、大人にどう扱って欲しいのか。これは人それぞれかもしれない。母親の胸に抱かれて安心を感じたいと思っている小さな子供も多いだろうし、逆に、だれの迷惑もかけない静かなところで、一人で思いきり泣きたい、という子もいると思う。私は後者だった。

それなのに、ほとんどの大人は、「どうしたの?」「かわいそうに……」「もう泣くなよ」などと、慰めの言葉さえかければ、どんな子だって必ず次第に泣きやむ、と思い込んでいる。私の周りの大人は、ほとんどがそうだった。

しかし、そんな人ばかりが大人ではなかった。私が教室で泣いていたある日のことである。その時、クラス担任の、ちょっと小太りの男の先生は私の手を引いて、だれもいない小部屋へ連れていった。そして言った、

「気がすんだら、戻ってきなさい」

この一言はとてもうれしかったことを今でも覚えている。それに、こんなことを言ってくれた大人は後にも先にも、その先生、たった一人だけだった。

ノンちゃんと私」より…

そういえば…

お婆ちゃんたちは、
もっちゃんが泣いていると
「もう泣かないの…」とか
「泣かなくてもイイのよ…」とか言ったり、
「ベロベロバー」みたいなことして機嫌とったりして
なんとか泣き止ませようとしてる。。。

 
自分はというと、なぜか?
「泣いてもエエねんで~」とか
「泣きたいねんなぁ~」とか言いながら
ヨシヨシしてたりする。

自分でも何故だか よく判らないけど
なんか本能的にというか
気づいた時には そうしてたんやな。

泣き止んでくれ~!って思ったこともあるけど
だいたいは「赤ちゃんは泣くのがシゴト」とか
そんな風に思ってるみたい。。。

5歳の ゆきちゃんに対しても
「泣くな」と言ったことは
ほとんどないように思うのやけど
それは、2人とも女の子やからなんかな?

男の子やったら…
「男のくせに、メソメソするな!」とか
言ってるのやろうか?

 
もしかしたら そうなんかも知れないけど
男の子やったとしても、やっぱり!
あんまり そういうことは言ってない気がする。

いや、明確な根拠はないけど...(^^ゞ

 
自分は「泣く」ということに対して
悪いこととは思ってないみたいな気がする。

と言うか、
むしろ、良いことやと思ってるかも。

 
多分、子どものころは、そうじゃなかったけど
だんだん、そんな風に思うようになってきたみたい。

いつからかは よく判らないけど...

 
ゆきちゃんが凹んだり泣いたりしてる時には
「上を向いて、ガハハハって笑ってみぃ。」
って、言うことが多いんやけど、あれも、
「泣いたらアカン!」
っていう意味じゃなくて
「上を向いて、吐き出してみぃ」
っていうカンジやねんなぁ~

 
いつからか無意識に
そういう風にしてたというわけなんやけど
今、思えば、
それって、けっこう良かったことなんやと思う。

確かに!
「泣くな!」「メソメソするな!」とかっていうのは
言い換えると「感情を押し殺せ!」という意味なわけで、
そんなことを愛娘たちに強要するなんて…
考えたら、おかしいというか、怖いことやと思う。

 
でも、
そうしている人は多い、というか
そうしている人が普通かも知れないし、
自分だって、実は、やっているのかも知れない。

 
痛みや悲しみは感じないというのが、イイこと?
それを封じるというのが、強いということ?
人の顔色をみて笑顔をつくるのが、社交的ということ?
…なわけがない!

涙はデトックス。
痛みや悲しみを乗り越えるために
それを排出させるのを止めたら
心の奥底に、ず~っと溜め込んだままになる。

 
そう考えると…
やっぱり!怖い。。。

なんて恐ろしい抑圧!

 
いや...
誰も悪気があって やっているわけじゃない。

自分たちも子どものころから当たり前に
そうされてきただけなんやから仕方がない。

そんな恐ろしい抑圧をしているなんて
誰も気がついていないだけなんやから。

 
でも、
気がついてしまった者としては
もう2度と繰り返しちゃいけないと思うし、
そのことを伝えなきゃいけないと思う。

 
子どもは もちろん!
大人だって、泣いてイイ。

 
やりたいこと、 1つ増えたな。。。

泣いてもエエねんで

 

●1年前の今日:イチバン大事なのは…

コメント:0 | TB:0 【伝えたいことが あるんや】  共感 デトックス  

ページTOPへ↑

| PAGE-SELECT |