元気!本気!勇気!毎日の しあわせメモ

EDIT

テレビはこのまま自滅するのか?

テレビ局は、自前の番組を勝手にyoutubeにアップされたら、すぐに文句言って削除させるけど、youtubeにアップされた映像を勝手にテレビで流すのは構わないってことになったんですかね。「両方あり」か「両方なし」にしないと理屈が通らない感じはするなあ。

via: Twitter / owawriter

烈しく同意!
ホントにそう思います。

最近のワイドショーとか
バラエティ番組には
ネットで話題になっている動画などを
紹介という名の引用をしていることが多く、
あまりテレビを見ない自分でも
そのような番組を何度も見たことがあります。

逆に YouTubeなどでは
テレビ番組の録画については
アップされた直後に消されてしまうことも
珍しくありません。

ズルいというか
小ざかしいというより
資金も権益も握っている大企業が
個人や零細企業相手に
力づくでねじ伏せている感じがします。

それだけテレビも必死なのでしょうけれど
既得権者が既得権益にしがみつく行為は
逆にテレビ自身がテレビの首を
締めることになっているような気がします。

現在のテレビの視聴者は
ネットに疎い層の割合が比較的高く
その人たちにとっては新鮮な番組なのでしょうが
テレビを見ない人たちにとっては
ますます見る価値のない番組になっています。

テレビに限らず
新聞・雑誌や音楽業界などでも
インターネットが台頭したせいで
売上や収益が落ちたと考えているようですが
勘違いにも程があると言わざるを得ません。

自分たちは、かつて
「テレビっ子」と呼ばれた世代です。

テレビが大好きだったのです。

新聞も雑誌もよく読みましたし
レコードもたくさん買いました。

それが現在
ほとんどテレビを見なくなってしまったのは
インターネットができたからではありません。

テレビには見たい番組がないからです。

放送や映像の技術は驚くほど進化しています。

しかし
番組はどれほど進化したでしょうか?

進化どころか、手抜きの軽薄な企画が多すぎます。

おそらく、ネットが登場していなくても
今のような番組を見る人は激減していたでしょう。

何度も書きますが
テレビの人気が下がっている主な原因は
インターネットではありません!

見る価値のない番組を垂れ流しているからです。

ですから
逆に こういうことが言えると思うのです。

価値ある番組を放送するテレビ局は
圧倒的な人気で一人勝ちすることができる!

インターネット便利なメディアですが
テレビにはテレビの良さがあります。

良い番組が放送されるなら
ネットがあってもテレビも見ますよ。

テレビ局には
かつてのように思いを込めた企画を作り
テレビならではの番組を放送して欲しいものです。

大人の事情とやらで難しいのでしょうけれど
どこかのテレビ局に一踏ん張りを期待します。

自分たちは今でもテレビが大好きです。

ただ、今は見たい番組がありません。

・・・などと、
思ったり...思わなかったり...

では、お気楽に...(^^)/~~~

テレビはこのまま自滅するのか?

via: Business Insider

 

●1年前の今日:この発想はなかった!

コメント:0 | TB:0 【伝えたいことが あるんや】  テレビ 役割 個性 自主自立  

ページTOPへ↑

EDIT

強引・傲慢な地デジ化

テレビが「白黒」から「カラー」への移行期、
カラーの番組の画面には「カラー」の文字が出た。
それによって人々の憧れをかき立て、
白黒テレビをカラーに買い換えさせたのだろう。

「アナログ」から「地デジ」に移行しようとしている今、
テレビには「アナログ」の文字が出る。
「カラー」の時とは逆に、
「お前はまだアナログだ。7月になると映らなくなるぞ」
と、不安感を煽り、劣等感を刺激しているように思える。

テレビを買い換えさせるという同じ目的なのに、
そのアプローチの仕方は対称的だ。

そしてその脅迫的なアプローチのせいか、
僕のまわりでは地デジ化をきっかけにテレビを家に置くのはやめよう、
そう言っている人が増えている。

実はそれこそテレビ界最大の危機だと思う。

via: 「カラー」か「アナログ」か - 曇り空のかけら:2011/01/04

日本のテレビ放送が
完全デジタル化する直前、去年(2011年)の記事です。

ウチは、マンションが加入しているCATVが
デジアナ変換をしてくれているおかげで
当面、視聴ができなくなる心配はありませんでした。

けれども、その変換サービスも2015年まで。

今でも老朽化しつつあるウチのブラウン管テレビは
地デジチューナーを利用したとしても
その頃には、まともに映らなくなるかもしれません。

そうなったら…
もう 新しいテレビは買わないでおこう!
家族は反対しそうだけれど
ボクは そういう思いを胸に秘めています。

子どもの頃…

テレビは 憧れでした。
テレビは 夢の世界でした。
テレビは 魔法の箱でした。
テレビは 社会・世界との窓口でした。
テレビは なくてはならない存在でした。

けれども、いつからか…

テレビのボディが薄っぺらくなっていくにつれて
テレビの番組も薄っぺらくなっていくのを感じました。

憧れの存在は 現実の世界にいることに気づきました。
夢の世界は もっと他にあるということに気づきました。
魔法の箱の魔法は既に解けていることに気づきました。
社会・世界との窓口は 他にもあることにも気づきました
いつしかテレビは なくてもいい存在になっていました。

とはいうものの…

永年お世話になったテレビには
たくさんの思い出と 愛着がありました。

時代の移り変わりとともに
役目を終えてゆくことと
その存在感がなくなることとは
別の問題だと感じていました。

だからこそ
ずっと大事にテレビを使い続けてきました。

また いつの日か
多くの素晴らしい番組が放送されることを
少なからず期待して、目をつぶることもありました。

ところが…

テレビは ボクたちに
新しいテレビへの買い替えを強要してきました。

本来、視聴者が求めているものを
何も回復させることなく
ただ、テレビ関係者の都合だけを理由に
脅迫めいた買い替え要求を迫ってきました。

明らかに
「カラー化」の時とは違いました。

危機的な窮地に陥っていることは理解できます。

それが、たとえテレビ業界自身の自業自得だとしても
それを 大目に見るに足る実績があることも認めています。

だから、淡い夢を抱きながら期待して待っているのです。

そんな視聴者は少なくないと思います。

みんな本当はテレビが大スキなんです。
少なくとも、かつては大スキだったんです。

テレビ関係者だって そうなんでしょう。

テレビがスキだから
テレビを作ったり 売ったり
番組を作ったり 放送したりするんでしょう。

だったら
そんなテレビをキライにさせるような
酷いメッセージを毎日くりかえし流して欲しくなかった。

私利私欲に満ちた強引・傲慢な態度で
テレビ文化を傷つけて欲しくなかった。

とっても 残念な 移行期でした。

そして
デジアナ変換サービスも
地デジチューナーの別売も終わって
本当にアナログテレビがなくなる日が来るでしょう。

その日までに
あの夢と希望を与えてくれたテレビ、
あの知識や視野を広げてくれたテレビ
あの家庭団欒の鍵になってくれたテレビ
そんな 良き時代のテレビ文化が
復活しているでしょうか?

少しでも その片鱗が見えるなら
ボクはデジタルテレビを買おうと思います。

以前ほど観る時間はないとは思いますが…

ぜひ!
新しいテレビを買える日が来ますように…

心から 願っています。

・・・などと、
思ったり...思わなかったり...

では、お気楽に...(^^)/~~~

強引・傲慢な地デジ化

 

●1年前の今日:まさかの第2弾!

コメント:2 | TB:0 【伝えたいことが あるんや】  テレビ 期待  メッセージ 

ページTOPへ↑

| PAGE-SELECT |