元気!本気!勇気!毎日の しあわせメモ

EDIT

意表の突き方が斜め上をゆくラジコン!?

こんなラジコン、笑うしかないわ

via: Twitter / makra

これは二度見
まちがいなし!!

開いた口が
塞がりませんwww

・・・などと、
思ったり...思わなかったり...

では、お気楽に...(^^)/~~~

もちろん単体でも走る!

三角コーンのラジコン

●1年前の今日:
世界で最も大変な仕事に心から感謝

コメント:0 | TB:0 【なに?コレ?】  ビックリ インパクト コントロール 

ページTOPへ↑

EDIT

髪型パワー恐るべし!

名画「モナ・リザ」の髪型を女子大生風にするとめっちゃカワイくなることが判明

「モナ・リザ」の髪型を女子大生風にするとめっちゃカワイくなる

via: ロケットニュース24

めっちゃ
カワイイやん
^^

すっかり印象が変わってしまいましたね。

っていうか、本物のモナ・リザの顔が思い出せません^^;

それくらい髪型の印象は強烈だということなのでしょう。

もっと他の髪型も気になりますね!

・・・などと、思っていたら
検証しているサイトがありました。

髪型のパワー恐るべし!

via: DDN JAPAN

髪型のパワー
恐るべし!

いや~ 本当にスゴイです!

ショートとかも気になりますね。

ちなみに…
モデルとなっているのは「モナ・リザ」ですが、よく知られている「ダ・ヴィンチのモナ・リザ」ではなく、「アイルワースのモナ・リザ」です。

二人の「モナ・リザ」を並べてみると、けっこう感じが違うことがよく分かります。

アイルワースのモナ・リザとダ・ヴィンチのモナ・リザ

というわけで…
試しに「ダ・ヴィンチのモナ・リザ」の髪型も変えてみました!

髪型は重要! 輪郭も重要!

う~~~ん
なんか違うww

「アイルワースのモナ・リザ」に比べると、同じ髪型でも、なんとなく地味な感じになりますね^^;

なるほど大きく印象は変わっているんですが、最初に「アイルワースのモナ・リザ」を見た時のような感動は正直ありませんでした。

よく見ると、髪型は同じなんですけど、顎のラインが随分違うんですね。
眼の辺りも感じが違います。

ということは…
確かに髪型の変化による印象操作パワーは絶大ですが、輪郭や目鼻によっても大きく影響を受けているということですね。

つまり…
元がカワイイと
どんな髪型でもカワイイ!

否、輪郭や目鼻も重要だが
髪型パワーは超絶大!
ということですね(^^)/

・・・などと、
思ったり...思わなかったり...

では、お気楽に...(^^)/~~~

●1年前の今日:
鶏の唐揚げではありません

コメント:0 | TB:0 【しあわせメモ♪】  イメージ  コントロール 変化 

ページTOPへ↑

EDIT

感情のコントロール

感情をコントロールするというのは、時と場合に応じて自在に好ましい感情を出し入れ出来るということ。では無いと思う。好ましい、好ましくないに関わらず、その時々に勝手に生じてくる感情を、客観的に見つめられるかどうか。この視点が持てると、まず、感情に振り回される確率が低くなる。

via: Twitter / shh7

公の面前で…
子どもや生徒、部下の前で…
場合によっては一人であっても…

泣いちゃいけない…
怒っちゃいけない…
あんまり大声で笑うのもどうか…

このように感情を押さえることを
よしとする風潮があります。

しかし、これは
感情のコントロールではありません。

これは感情の抑圧です。

もちろん
ひどく人に迷惑をかけたり
社会生活を乱すほど感情を爆発させることは
大人として慎むべきです。

けれども
健康的な生活には
喜怒哀楽を欠かすことはできません。

感情を押し殺してしまっては
人間関係や健康に悪影響を与えてしまいます。

感情のコントロールとは
自分自身の喜怒哀楽を
客観的かつ正確に認識することです。

たとえば・・・

飲食店に入って注文をしたところ
なかなか頼んだ料理が出てこない。

その旨を店員に伝えたものの
不機嫌な態度で対応された上に
やっと出てきた料理が美味しくなかった。

普通に代金を払って店を出た途端
ふつふつと怒りが沸き起こってきた。

・・・というような場合
この怒りを抑えようとするのは
感情の抑制であって
望ましい対処ではありません。

では
もう一度、店に戻って
店員と店長を徹底的に糾弾し
怒りをぶつければ良いのかというと
必ずしも、そうとは言えませんね。

怒りを露わにする前に
もう一度、自分が抱いた感情を
冷静に捉え直してみてください。

店を出てから突然沸き起こってきた怒り…

果たして、この怒りは
本当に突然沸き起こってきたのでしょうか?

店に入ったときは
特に感情を抱いてはいませんでした。

注文をしたときも同様です。

注文した料理が
なかなか出てこなかったとき
何かを感じたのではないでしょうか?

その後、店員に確認したとき
料理が思ったよりも美味しくなかったとき
どう感じたでしょうか?

おそらく、そのときに感じていたのは
自分だけ料理が出てこない不安感…
客として丁寧に扱われなかった惨めさ…
料理が思いのほか美味しくなかった悲しさ…
そういった感情ではなかったでしょうか?

それは認めたくない感情かもしれません。
思い出したくないくらい辛いことかもしれません。

だからこそ、イライラや怒りが
それらに代わって覆い隠していることもあるのです。

この最初に感じていたはずの感情に気付き
認めてやることが大切なポイントです。

自分の存在がないがしろにされて哀しい…
それが怒りに代わって出てきたんだ…
そういうことに気づくことができれば
怒りを爆発させて暴走する可能性は
自ずと低くなっていきます。

好ましい、好ましくないに関わらず
感情を押さえつけるのではなく
その元になったかもしれない感情に気づき
心の声に耳を傾けてあげること…

それが感情のコントロールです。

・・・などと、
思ったり...思わなかったり...

では、お気楽に...(^^)/~~~

感情のコントロール

 

●1年前の今日:味、栄養、そして、芸も達者です

コメント:2 | TB:0 【伝えたいことが あるんや】  心理 本音 承認 コントロール 

ページTOPへ↑

EDIT

大型FF船外機!?


Saigon River (Excavator rowing Boat) Ho Chi Minh City

ほぉ~~
この発想はなかった!

操縦技術はバツグン!
そして、ダイナミックなのですが
かなり燃費は悪そーですねー^^;

呑気なんだか…
気が短いんだか…
よくわからない感じが新鮮ですwww

・・・などと、
思ったり...思わなかったり...

では、お気楽に...(^^)/~~~

この発想はなかった!

 

●1年前の今日:世界がもし100人の村だったら

コメント:0 | TB:0 【なに?コレ?】  アイデア コントロール お気楽 

ページTOPへ↑

EDIT

昔は、良かった

昔は、良かった

だから今は、もっと良くなった

だから未来は、もっともっと良くなる

(福島正伸)

 
確かに、悪くなったところもある...
このままじゃ本当に悪くなってしまうところもある...

でも、昔よりも良くなったことは
数え切れないくらい たくさんある。

 
破綻だ! 沈没だ!

盛んに煽られる危機感が
どう考えても胡散臭いということに
イチバンの危機を感じてしまう。。。

 
…などと、
思ったり... 思わなかったり...(^^ゞ

昔は良かった

 

●1年前の今日:通常通りの営業という姿勢

コメント:0 | TB:0 【ちょっとイイことば】  前向き 楽観 コントロール お気楽 

ページTOPへ↑

EDIT

随所に主となれ

今の私が置かれている状況は、自分で選びに選んで流れ着いた感覚がすごく強い。言ってみれば、自分の人生は失敗も含めてコントロールしてきた、または少なくともコントロールしようとしてきた感じがあります。

大事なのは、今現在の状況が他人に抜きん出ているか、思う通りにいっているかどうかではなくて、自分で今置かれている状況を決めたかどうか、人生は誰のせいでもないと言い切れるかどうか、その辺だろうと思っています。

via: 為末大オフィシャルサイト「侍ハードラー」

 
うん まさに その通りだと思う。

やっばり大事なのは、
他人に抜きん出ているか、思う通りにいっているかどうかではなくて、
自分で決めたかどうか、人生は誰のせいでもないと言い切れるかどうか。

自分は、ノンコントロール志向であるけれど、
それは、他者または、客観的な自身に対する制御を
ゼロないしは最小限にした方が良いという考え方であって、
もちろん、主体的自身に関して言えば、
自分が意思決定している意識を持たない限り主体たり得ないわけで、
「随所に主となれ」を旨としているつもりだ。

とは言うものの、
常に主体性を持って、自身を制御し続けることは難しくて、
ついつい他力に期待したり、責任逃れをしようとしてしまう。

他者の意見に従って行動して、うまくいかなかったとき、
その失敗を他者のせいにできるから ちょっと安心...という発想は、
実は、なんら効果を得られないまま失策に終わる。

だれかに責任を押し付けたところで
結局、未達の事実と嫌な思いが残されるだけ。

しかし、実際には、
他者の意見に従うという行動は、自身が決定したことであり、
ちょっとズルイ考えを思いつき実行したのも自分なのだ。

もちろん、制御不能な偶発的な事故もあるけれど、
そういう事態が起こり得ることを予測しなかったことや
予測していても対策をしなかったのは、自分自身が決めたこと。

そういう日常生活の中で、
為末さんのように明確にコントロールしてきた感を持つことは
なかなかできない というのも現実やねんな。。。^^;
 

走るも走らないも自分の意志、乗り越えるべきハードルを定めるも定めないも自分の意志。ゴールした時の結末は自分ではコントロールできませんが、スタートは自分でコントロールできます。いや、本当の意味ではスタートを切るかどうかは自分でしかコントロールできません。

少なくとも自分の身体だけは自分の思い通りに動かしていいのです。そして、同じように人生も自由にしていいのだと思います。なんとなくそういう多様性を許容する空気が日本に必要かなと思いました。

via: 為末大オフィシャルサイト「侍ハードラー」

 
ちょっと話しが逸れてしまうけれど...

人の話を聞かず自分勝手な行動をする人や
それができそうにもない幼児なんかは
かなり自分自身をコントロールしているかも知れない。

そう言えば、こどもって、
勝手なことやって失敗したら
泣いて文句わめいて悔しがるけれど
後をひくような恨みつらみはないよな~(^^ゞ

そういうことは、高齢者にも言える知れない。

老いては子に従え なんて言うけれど、
ウチのお婆ちゃんは、ちっとも子の言うこと聞かない。

勝手なことやって、失敗して迷惑かけて
落ち込んで反省なんかしたりしているけど、
結局、そんなのは ほんの一時だけのこと。^^;

だけど、それって
自分自身をコントロールしているだとしたら、
そういう生き方ができているんだとしたら、
そういうことを認めることのできる人になりたいな。
いや なんとなく...

なんでも言われた通りに動いてくれたら
どんなに楽になれるだろうって思うことはあるけれど、
そうなっちゃったら もう...
ホントに生きた屍状態なんだろうね。

勝手なことをやっているうちは
お婆ちゃんも自分の意志で生きているということ。

少し弱ってきていても、まだ元気な証拠。

勝手なことやって、失敗して迷惑かけて
活き活きと生きているんやな...と思うと、
なんか随分、楽な見方ができそうな気がしてきた。

 
随所に主を認めること 即ち 自ら随所に主となす

...などと、
思ったり... 思わなかったり... うん 思ってる!

随所作主 立処皆真

 

●1年前の今日:爽やかな朝

コメント:0 | TB:0 【しあわせメモ♪】  自主自立  コントロール 

ページTOPへ↑

EDIT

もう少し人に迷惑かけてもいいかも

硫化水素自殺や電車に飛び込んで死ぬ人に対して「迷惑をかけずに死ね」っていう人がいるけど、自分の感想はむしろ「ああ、この人は死ぬときくらいしか迷惑かけられなかったんだな」と思うことがある。

via: Twitter / esehara

 
そういうことする人って
ホントに迷惑ですよね。

いろんな人に、すごい迷惑がかかる。

でも、そういう人って、
迷惑がかかるっていうことを知っていて
そういうことをしてしまうのだと思う。

それほど迷惑がかかるなんて予想もしなかった
...とか、考えているとは思えないし、
ヤケになって、徹底的に迷惑をかけてやろう
...なんて考えているとも思えない。

それどころか、
人に迷惑をかけちゃダメだということを
どこの誰よりもよく知っていて、
どこの誰よりもよく知っているからこそ、
そういう手段を選んでしまうのだと思う。

その行為や結果は、
決して褒められたものじゃないけれど、
その無茶な行動の奥に埋もれかけている
かすかな声に、耳を傾けてみることで
その迷惑は、大きな教訓に成るのかも知れない。

こういう人たちが生きているうちに
迷惑をかけさせなさ過ぎる世の中は、
見た目には治安の良い安全な世界かも知れないけど、

世間の過度な要求に、過度に対応をした結果が
そのような迷惑な死に方に繋がってはいないか?

 
子どもの頃から ずっと
人に迷惑をかけちゃいけないと
口うるさく言われ続けてきて、
できるだけ迷惑をかけないようにしてきた。

でも、今は、
少しくらい迷惑をかけていいんじゃないかと思う。

そして、今は、
もっと迷惑を受け容れていいんじゃないかと思う。

日ごろから、お互いに少しずつ許しあうことで
大きな迷惑、取り返しのつかない迷惑を
避けられるのじゃないのかなぁ~

だとしたら、自分自身でも
もうちょっとだけ 迷惑かけてもいいのかなぁ~

その方が、人様にかける迷惑は減らせるかも...

…なんて、
思ったり... 思わなかったり...

 
あ゛~...   っていうか、
既に、けっこう迷惑かけてました...ゴメン<(_ _)>

もう少し人に迷惑かけてもいいかも

 

●1年前の今日:ライブで昇天!

コメント:0 | TB:0 【しあわせメモ♪】  お気楽 許す コントロール コミュニケーション 

ページTOPへ↑

EDIT

夢見心地だからこそ夢

夢が叶わなくなる一番の原因は、自分のやりたいことが“やらなければならないこと”に変化してしまうことだ。
ああしたい、こうしたいことが、ああせねば、こうせねばと強迫観念として夢は義務化されてしまうと、ダイエットなどと同じごとくその行為自体が苦しくなってしまう。
具体的な方法が確立された”夢“というものは存在しないし、そもそも実現できる手段を持った瞬間から、それは”夢“という言葉の意味を失ってしまうのだ。

「夢を持て」なんて大人たちに言われ続けられて育ってきた子供たちは、夢を持つことそのものが“義務”のように感じて、その義務のための努力を強いられると感じる。
いつしか、他人に認められるような具体的手段を持った目標こそが“夢”とされてしまい、そして夢を失う。

via: 心に効く言葉「夢は苦痛を伴わない」

 
このカンカク…

以前から感じていたものと
とっても近い感じがする。。。

「・・・たい」と
「・・・ねばならない」は
まったく違うのに、
どうも ごっちゃにされがちやね。

この正月にも
成功者の条件として「夢を持つこと」が大切...
なんていう洗脳番組が放送されていた。

成功者と呼ばれる人たちが
夢を抱いていたことは間違いないとしても、
夢を持たなくては成功できないというのとは違う。

「夢を持たなくちゃ…」
なんて思ってしまった途端に
もう 夢じゃなくなってしまう。。。
 

別にご褒美が欲しくてやっているわけでも、達成した後にみんなからうらやましがられるためにあるわけでもない。
「夢」は生きるためにとても大切なもの。でも誰にも強制されない上で「楽しいから」という理由以外必要のないものだとは思いませんか?

via: 心に効く言葉「夢は苦痛を伴わない」

 
思います 思います。

夢は やっぱり!
夢見心地じゃないと夢じゃない。

目標を設定して
実現をマネジメントする方法を
否定するつもりはないのだけど...

「夢」っていうのは
思考によって意図的に
管理・制御するようなものじゃない。

 
悪夢っていうのもあるけれど
あれだって、何か深層心理や無意識が
与えてくれているメッセージだとしたら、

観ちゃいけない…とか、
観ないようにするには…とか
そういうコントロールは必要なくて、

ちゃんと、自分のココロと対話することが
大事なことなんじゃないかと思う。

 
叶うとしたら
たしかに嬉しいだろうな~って思うけど、

叶っても 叶わなくても
観ているだけで楽しいのが夢。。。

意識に支配された義務や統制ではなくて、
本当に「願っていること」
それが「夢」なんじゃないかな...

な~んて、
思ったり... 思わなかったり...(^^ゞ

 

●1年前の今日:気付きの連続!

コメント:0 | TB:0 【しあわせメモ♪】   目標 コントロール 管理 義務 心の叫び 

ページTOPへ↑

EDIT

ルール

ルールがきつくなればなるほど,人々は寛容さを失う。これは間違いないと思う。自分がルールに縛られていれば,他人もルールに縛られて欲しいと思うのが人情だ。現代人は,僕の見る限り相当ルールを守って生きていると思う。そして,寛容さを失っていっている。その様子を,大学に勤めるある友人が,「お互いに首を絞め合っている」と表現していた。言い得て妙だと思う。僕はこういう状況を「体育会系の論理」と呼んでいた。

via: 諏訪耕平の研究メモ
ドタキャンばかりする人々と,何年でも無遅刻無欠勤を続ける人々

 
ルールというのは
自主的に守るものであって
縛られるものであってはならない。

首を絞め合っている状況は
明らかに縛り合っているということ。

互いに寛容になるということは、
ルール無用ということではなくて、
自主的にルールを守って
互いの不便を分かち合いながら
互いの利益を与え合うことなんやと思う。

ルールの設定には性悪説で、
ルールの運用には性善説で臨む...
そういう姿勢が保たれるなら
ルールや契約は有効に機能する。

ルールを介して他者を縛ろうとする...、
配下に置いてコントロールしようとする...
そのような意図がルールをきつくする。

守れなかったことに寛容になることと
自主的に守ることにも寛容になることは
基本的には同じ「お気楽」な心構えやねんな(^_^)v

許すことで、乱れるのを恐れるな!

許し合うことで、秩序は保たれる。

いいよ いいよ 気にしないで

 

●1年前の今日:おっさん車検

コメント:0 | TB:0 【伝えたいことが あるんや】  お気楽 許す コントロール 自主自立 コミュニケーション 

ページTOPへ↑

EDIT

強い会社の5つの力 !?

“強い会社”には、「5つの動かす力」が備わっている。

  • 【1】数字を動かす力⇒目標を達成する力
  • 【2】コストを動かす力⇒原価意識を醸成する力
  • 【3】人を動かす力⇒コミュニケーション(伝達する、受信する)力
  • 【4】顧客を動かす力⇒考えさせる(問題を解決する)力
  • 【5】組織を動かす力⇒変革リーダーを生み出す力

コンサルタントが実践する問題解決手法 - ZDNet Japan

 
ここで言う“強い会社”って…
何が強い会社のことなんだろう?

 
たぶん…
"我の強い会社" なんじゃないかな(^^ゞ

確かに こういう我の強い会社の場合は
一般的に言う効率的な経営を推し進めて
比較的早期に成果を表面化させていくのだろう。

こういう会社が社会の勢いを創っていく...
そういう意味での存在感は非常に大きいと思う。

 
でも、
すべての会社が そうあってイイのかな?

世の中には、いろんな役割があって
いろんな関係の下に、相互に支え合っているわけで
みんなが こういう力を持たなくちゃならないわけじゃない。

自分なら、こういう会社では
きっと役にたたないだろうし
そこで愛社精神を発揮することもないだろう。

 
おそらく、我の強い会社の根底には
コントロール志向があるのだと思う。

だから、
「動かす」=「コントロールする」
という力が最強だという前提になっている。

コントロール可能な領域は
多ければ多いほど読める世界が拡がる。

しかし、
そのことで見えた世界っていうのは
コントロールして読めた範囲に限られている。

読めないところを認めることができれば
圧倒的に世界は拡がるにも関わらず…
読むことによってのみ安らぎが得られるのだと
思い込んでいるようにも感じられる。

 
人、モノ、金、情報をコントロールしている人は
同様に、その上司からコントロールされている。

その上司は、
同様に、経営者からコントロールされている。

その経営者は
同様に、資本家や大企業にコントロールされている。

日本の資本家や大企業、そして政府は
同様に、超大国にコントロールされている。

その超大国だって
同様に、国際金融資本や、闇のサロンによって
コントロールされているのが現実。

コントロールしようと思っていても
みんな誰かにコントロールされ得る状況にある。

そんな状況が こういうふうに
コントロール志向を啓蒙する運動として
いつの間にか広められていることに注意したい。

ただ右へ倣えでは、
日本人として自分自身の役割を果たせない...

 
数字を支配し、市場を支配し、人を支配して
できる限り読める範囲を拡げることによって
より確実で強大な力を発揮しようと努力していることは
間違いなく、世の中に必要な役割のひとつだろう。

けれども…
同じく5つの力を備えているのだとしたら
ボクは、こういう↓5つの力を持った人や組織に関わりたい。

 

  • 【1】自然に数字がついてくる力
  • 【2】パートナーとの協力関係を継続できる力
  • 【3】自主的に人が動き出す力
  • 【4】圧倒的なファンに囲まれている力
  • 【5】様々な変革や違いを受入れられる力

強い会社って!?

 

●1年前の今日:下段 初体験!

コメント:0 | TB:0 【伝えたいことが あるんや】  お気楽 組織 能力 コントロール リーダーシップ 日本人  

ページTOPへ↑

EDIT

すべては選択できる!?

ジェリーはアメリカのあるレストランの店長です。

彼はいつも機嫌がよく,ポジティブなことを言います。

誰かが彼のご機嫌を訊ねれば,「今日は特に気分がいいよ」といつも答えていました。

彼と同じレストランで働くウェイター達の多くは,彼がその店を辞めると一緒にやめてしまいます。

そしてレストランからレストランへと,

彼と一緒にわたっていくのです。

なぜそんなについて周るのかと言うと,
彼の態度がいいからです。

彼は天性のモチベーターなのです。

誰かが不機嫌になっているときは,
ジェリーがいつもそばにいて,その人にその状況のポジティブな側面を見るようにアドバイスするのです。

彼のこのような態度を見るにつけ,
私はとても興味深くなりました。

ある日,私はジェリーに聞いてみました。

「僕には全くわからないよ。常にポジティブでいられる人なんていないはずだ。一体どうやってやるんだい?」

ジェリーはこう答えました。

「毎朝起きると自分自身に言い聞かせるんだ。

今日は2つの選択肢がある,
ご機嫌でいようか,
不機嫌でいようか,の2つだ。

 
僕はいつもご機嫌でいるほうを選ぶ。

 
何か悪いことが起こったときは,
被害者になるか,
そこから学ぶ人になるか,
の2つから選ぶ。

 
僕はいつもそこから学ぶ人を選ぶ。

 
誰かが僕に愚痴を言ってきたときは,
その愚痴を単純に受け入れるか,
人生のポジティブな側面を指摘してあげるか,
の2つから選ぶ。

僕はいつも
人生のポジティブな側面を指摘してあげる。」


  「でもいつもそんなに簡単にはいかないでしょ?」
私は反論しました。

 
「いや簡単だよ。」
ジェリーは答えました。

「人生は選択なんだ。
余計なものを取り除くと,全ての事象は選択になる。

人はいろいろな状況に対してどう対応するかを選ぶんだ。

あなた自身が,他人が言うことに対して
どう感じるかを選ぶんだ。

ご機嫌でいるか,不機嫌でいるかを
選ぶのはあなたなんだ。

人生をどう生きるかはあなたの選択だ。」

 
数年後,ジェリーは不覚にも レストランでは
絶対にやってはならないことをやってしまいました。

ある朝,彼は店の裏戸のカギを閉め忘れてしまったのです。

 
そしてそれが原因で3人組の強盗に襲われてしまったのです。

ジェリーは脅されて金庫のカギを開けようとしましたが,緊張から手が震えてなかなか開けられませんでした。

 
強盗はパニックになって,銃で彼を撃ってしまったのです。

幸運にも,ジェリーはすぐに発見され,病院に運びこまれました。

 
18時間に及ぶ手術と何週間にも及ぶ集中治療のおかげで,
身体の中に弾の破片の一部がまだ残ったままではありましたが,ジェリーは退院しました。

 
私はそんな事件から6ヶ月後にジェリーに会いました。

彼のご機嫌を伺うと,
「今日は特に気分がいいよ。傷跡を見るかい?」
と言いました。

 
私は傷を見ることは辞退しましたが,
強盗にあったときに何を思ったのかを聞きました。

「まず最初に思ったことは,
裏戸を閉めておくべきだったということだね。」
ジェリーは言いました。

「強盗が僕を撃った後,
床に倒れながら思ったことは,
僕には2つの選択肢があるということだ。

 
生きようか,死のうか,の2つだ。

僕は生きる方を選んだ。」

 
「怖くなかったの?」私は聞きました。

ジェリーは続いていいました。

「救急隊の連中はよかったよ。
僕に,大丈夫だからね,と繰り返し言ってくれた。

でも,救急治療室に運び込まれて,
医者や看護婦の表情を見ると怖くなった。

彼らの目には,
"こいつはもう死人だな",と書いてあるんだ。

ここで何かしなきゃいかんと思った。」

 
「それでどうしたの?」私は聞きました。

 
「それでね,
大柄な看護婦が僕に大声で質問をしてきた。」
ジェリーは言いました。

「彼女は僕に何かのアレルギーがあるかと聞いてきた。
僕は"ある"と答えた。

医者と看護婦は僕の答えを聞こうと動きを止めた。

僕は深呼吸をして叫んだ

「"弾だ!"。」

彼らの笑い声をかき消すように僕は言った。

「"僕は生きることにした。
僕は死んだんじゃなくて,
生きていることを前提に手術をお願いします。"」

 
ジェリーは生きた。

医者の技術もさることながら,
彼の驚異的な態度のおかげである。

私は彼から,
人生を楽しむか,嫌うかの選択を
毎日することができることを学んだ。

 
本当の意味であなただけのもの,

他の誰にもコントロールされず,
奪われることのないもの,
それはあなたの態度です。

それがわかれば,
人生の全てのことにおいて
かなり楽になるはずです。

今,あなたには
2つの選択肢があります。

 
1.この文章を自分が読んで終わりにする。
2.この文章を身近な人に勧める。

 
ということで、
2.を選択しました(^O^)/

 
人生、楽しく生きることを選択します☆

via: プロデューサー桑名正典ブログ

 
やたらめったら、どんな時にでも前向きな
ポジティブシンキングおたくのような思考や行動は
個人的には、ちょっと いただけない...
と思っているのですが
このエピソードは エエ話やなぁ~

 
他の誰にもコントロールされず,
奪われることのないもの,
それはあなたの態度です。

 
そうやねん!そこやねんな。

いつも楽しいを選ばなくては...
じゃなくて、

自分で選べる。
自分で選んでいる。
そこに気がつくとエエねんな。

 
ということで、ボクも
2.を選択しました(^O^)/

 
そして、さらに
コレ↓を 選択します。

 

お気楽に... (^^)/~~~

それで ええねん!

 

●1年前の今日:One question IQ test................

コメント:0 | TB:0 【しあわせメモ♪】  お気楽 生きる モチベーション  人生 コントロール 

ページTOPへ↑

| PAGE-SELECT |