元気!本気!勇気!毎日の しあわせメモ

EDIT

コンサート中に鳴り響く着メロ


Nokia ringtone during concert of classical music

いやぁ ホント
ウイットに富んだ素晴らしい対応ですね。

演者自身はもちろん、他の観客だって
当然、腹立たしい場面だったのですが、
彼の こういう臨機応変な行動と態度が、
逆にプラスアルファを生み出したように思います。

最悪の事態になりかねなかった状況が
ライブの魅力というカタチに置き換えられています。

むしろ良かった記憶として残るような気もします。

生演奏というのは、レコードとは違って
基本的には一発本番、その場限りのものだから、
失敗しちゃいけない… 邪魔しちゃいけない…
そういう緊張感の下で行われています。

けれども、それと同時に
天候や体調、客層など、その場その場の様々な環境が
演奏と相関わり合って全体としての「場」になっていて、
前述の緊張感を含めて、その「場」を体感すること自体が
ライブの醍醐味だと言って良いでしょう。

だからこそ、
その醍醐味を活かすも殺すも
その「場」を構成する人たちの手にかかっているのであって
このバイオリニストの素晴らしい機転とともに
それを受け容れて喝采した観客も素晴らしいの一言です。

とは言え…
やっぱり最低限のマナーは押さえておきたいものですね。

・・・などと、
思ったり...思わなかったり...

では、お気楽に...(^^)/~~~

 
コンサート中に鳴り響く着メロ

●1年前の今日:冬本番!! だっていうのに?

コメント:0 | TB:0 【しあわせメモ♪】  音楽 共感 ライブ マナー ケータイ 視点 

ページTOPへ↑

EDIT

ケータイのアドレス交換

アイシェアがケータイ番号の交換方法に関する意識調査の結果を発表。

若者は赤外線、40代は着信で登録
ケータイのアドレス交換

携帯電話、携帯メールアドレスの登録方法を年代別に見ると、年代が高くなるほど相手からの着信、受信で登録する割合が高く、若い年代では赤外線通信を利用する比率が高い。携帯電話番号は、40代の71.8%が着信で登録し、赤外線通信は12.8%にとどまった。20代では着信登録が47.8%、赤外線通信が32.8%。携帯メールアドレスでは、30代、40代では半数以上が受信で登録しているのに対し、20代では赤外線通信登録が47.8%と最も多く、受信登録の41.8%を上回っていた。

…っていうか、

赤外線で登録できるって
知らんかった!! (^^ゞ

ネタ元:「IT media +D モバイル」さん・ウェブ魚拓

 

 

●1年前の今日:恋の名言 !?

コメント:0 | TB:0 【しあわせメモ♪】  ケータイ 

ページTOPへ↑

| PAGE-SELECT |