元気!本気!勇気!毎日の しあわせメモ

EDIT

必死のパッチ

見るからにやる気満々に見える人は、その時点でNG です。
やる気のある人は淡々としています。

見た目だけやる気がある人は、必死で悲壮感が漂っています。
ハチマキを締めたり、丸坊主にしたり、汗をかいています。
汗をかいている時点で、ムリをしています。
習慣化していないのです。

本当にやる気のある人は、「特に何もやっていません」と、涼しい顔でやっているのです。

via: なぜあの人はいつもやる気があるのか

嗚呼… 耳が痛い…

10年ほど前の自分は
まさに「必死のパッチ」でした。

プレイヤーとしても
マネージャーとしても
必死で頑張っていました。

拭っても拭い切れないくらい汗をかいて
自分も周囲も追い詰めて
我武者羅に走り続けていました。

肉体的にも精神的にも消耗していましたが
時間や金銭も持ち出してやる気を鼓舞していました。

それなりの成果も得られましたし
充実感がなかった訳ではありません。

けれども明らかにムリをしていました。

そんなことが長く続くはずはありません。

少なからず犠牲にしたものはありますが
カラダやココロを壊す前に
気づくことができて良かったと思います。

それで
お気楽な暮らし方に変えようと
固く心に決めましたが
その決心こそが
まだまだ必死で悲壮感の漂うものでした。

それでも月日を重ねるにしたがって
ムリな頑張りや力みを減らせるようになりました。

気がつくと
かつての面影がないくらいに
肩の力が抜けているのを感じていました。

そうなると今度は
やる気がなくなってしまったとか
腑抜けになってしまったとか
言われることもありました。

それは確かに
気分の良いものではありませんし
多少の不安を感じることもありますが
過剰に反応することはなく
変わらず淡々と過ごすことができています。

かと言って
余裕綽々の生活をしているわけではありません。

こんなご時世ですから
物質的、経済的には以前にも増して
不安定を強いられる状況になっています。

むしろ
あの必死のパッチで汗をかいていた時期よりも
困難な課題を抱えていると言っても過言ではありません。

そんな状況にあっても
こうして淡々と暮らしていけるのは
お気楽な生活が身についてきたからかも知れません。

お気楽な暮らし方というのは
やる気がないわけでもなければ
頑張らない生き方でもありません。

時処位相応、身の丈を知り
自らに与えられた才智を活かしきり
天与の役割に徹して生ききること…

そのための努力は欠かさず
できることを手抜きせずにやり続ける…

必要十分な頑張りを忘れずに
自然体を維持するミニマルな暮らし方です。

ですが
こうして少しずつ
お気楽な暮らし方できるようになってきたのは
実は、我武者羅に頑張って汗をかいてきた
あの必死のパッチな時期があったからだとも感じています。

かつて徹底的に力を出し切ったからこそ
迷いなく力を抜くことができたのだと実感しています。

何事もムダな経験などないとは
こういうことを言うのだと思うのです。

今、まさに
見るからにやる気満々でいる人…

悲壮感を漂わせながら
必死で汗をかきながらムリをしている人…

そんな必死のパッチな人も大丈夫!

実は、今の頑張り、今の力みは
理想的な状態ではないと気がついているのでしょう。

続かないと分かっていながらも
続けざるを得ない状況に置かれているのでしょう。

ならば、できるところまで
納得のいくところまで頑張ってください。

カラダやココロに致命傷を与えないように
充分に気をつけながら頑張ってみてください。

できることに徹することが、いずれ
余計な力を抜くことに繋がっていくはずです。

失敗も成功も、緊張も弛緩も
ムリも余裕も、力みも気楽も
何事もムダな経験などないのですから。

今できること、今与えられた役割に徹する…
必死のパッチも、お気楽も、そこは共通ですね。

・・・などと、
思ったり...思わなかったり...

では、お気楽に...(^^)/~~~

 

 

●1年前の今日:今さら、ではなく あらためて

コメント:2 | TB:0 【しあわせメモ♪】  お気楽 天命 役割 やる気  

ページTOPへ↑

EDIT

変わる人、変わらない人

どんどん変わる人は、むしろ「変わらないですね」と言われ、
変わろうとしない人は、どんどん変わり果てていくものだ。

via: やる気のスイッチ!

 
どちらも...
「相変わらず、変わっていってるね」
というコトバで言い表せるかも。。。

つまり、
2つの「変わるもの・変わらないもの」があって
前者と後者では、その2つが入れ替わっているだけ。

1つは、「変わろうとする意欲と行動」
そして、もう1つは、「その結果としての変化」

 
「その結果としての変化」が「好転」である人は
いつも「変わろうとする意欲と行動」に満ちている。

いつも「変わろうとする意欲と行動」に乏しい人は
「その結果としての変化」が「悪化」となる。

 
さて...
自分自身は、「好転」しているだろうか?
それとも、「悪化」しているだろうか?

どうも表面的には、
変わりばえしないなぁと思うのだけど...(^^ゞ

 
やる気のスイッチ!
やる気のスイッチ! (山崎 拓巳)

 

●1年前の今日:カッコ良すぎて、いつもムカついていました

コメント:0 | TB:0 【ちょっとイイことば】  変化 進化  やる気 

ページTOPへ↑

EDIT

「やる気」の正体

側坐核(そくざかく)は
脳の真ん中あたりに左右ひとつづつある小さな器官。

この側坐核が働き、脳内物質が分泌することで
いわゆる「やる気」が出てくるらしい。

これが、「やる気」の正体。

側坐核は、何か作業をすると興奮し活発に動き出し
この状態が、「作業興奮」と呼ばれている。

側坐核が働き出すと、どんどん「やる気」が出てくる。

 
とは言え、やる気を出そうと思っても
この側坐核は、なかなか活発に動き出すことはない。

即ち、作業をしない限り、「やる気」は出てこない。

「やる気」が出てこないから
ストレスを感じ自己嫌悪におちいり、
心理は どんどんマイナスの方向に展開してしまう。

 
逆に、ほんの一歩行動を起こすだけで、
側坐核が働いて、「やる気」は引き出される。

行動すれば行動するほど側坐核は活性化し
充実感や楽しさを感じ、更に脳が刺激されて
「やる気」の連鎖が引き起こされる。

 
ということは、

「やる気」が出ないから、行動できない...ではなく、
行動しないから、「やる気」が出ない...ということ。

行動が停滞している理由に
「やる気」が出ないことを挙げることは多いが、
まったくナンセンスなことなのだということ。

「やる気」を感じようと思うなら、
まずは、「行動ありき」なのだ。

「やる気」が行動を生むよりも先に
行動が「やる気」を出させるのだとするなら、
べつに「やる気」を求める必要はない。

ただ、行動すればよいということ。

 
しかし、
その行動の第一歩が踏み出せない...ということも確か。

そう感じてしまった場合は、
今、やっていること、
既に行動していることに視点を合わせてみたい。

行動が停滞気味になっている場合であっても
脳死状態でもない限り、何も行動していないことはない。

今、自分ができている行動は何か?

たとえ、それが、他愛のないことであっても、
既に実行している行動をピックアップしてみる!

そして、その行動を意識的にやってみる。

そのことによって
自身の行動を認識することになり、
行動を認識した側坐核が活性化することに繋がる。

 
理想的な活躍をしていないとしても
その行動に意味を感じていないとしても
誰しも必ず、既に何らかの行動をしている。

ニートや引きこもりであっても
必ず、既に何らかの行動をしているもの。

 
肝心なことは、
自分自身の ありのままの姿を
ありのままに認めるということ。

主観的な価値や意味付けに振り回されることなく
自身が既にできている行動にフォーカスすることで
側坐核を活性化させる可能性は圧倒的に高まる。

 
未だ得られていない理想ではなく、
既に手の内にあることに目を向けたい。

「やる気」は、出すものではなく、出てくるもの。

しあわせは、手に入れるものではなく
既に手の内にあるものに気づくこと。

「やる気」の正体

via: おしごとウーマンの心の洗濯屋

 

●1年前の今日:あなたに代わる あなたはいない

コメント:0 | TB:0 【伝えたいことが あるんや】  やる気 行動 天命 

ページTOPへ↑

EDIT

ヤリキレナイ川

ヤリキレナイ川

ヤリキレナイ川(ヤリキレナイがわ)は、北海道夕張郡由仁町を流れる石狩川水系夕張川支流の一級河川である。北海道道694号北長沼由仁線沿いを流れ、全長は約5km。

名称の由来

アイヌ語で「魚の住まない川」を意味する「ヤンケ・ナイ」、または「片割れの川」を意味する「イヤル・キナイ」と言われている。明治時代に、たびたび氾濫した河川を住民が「ヤリキレナイ川」と呼び始めたのが読み方として定着したといわれる。この奇妙な名称により、投稿!特ホウ王国、探偵!ナイトスクープ、トリビアの泉、笑いの金メダルなど多くのバラエティ番組で紹介されるようになった。

Wikipedia

 
トリビアの泉では、
「北海道にはヤリキレナイ川という川がある」と紹介され、
107へぇを獲得した  …らしい。

 
それにしても…
「イヤル・キナイ」を
「ヤルキナイ」 と
呼ぶ人がいなくて よかった。。。

そんなことになっていたら、
ホントに ヤリキレナイ...!

 
こんなに地味なのに
「一級河川」っていうのも
な~んとなく ヤリキレナイ...!

ヤリキレナイ川

 

●1年前の今日:親しき仲だからこそ…

コメント:0 | TB:0 【なに?コレ?】  ネーミング やる気 

ページTOPへ↑

EDIT

ヤル気のキッカケ

やる気が出ないときに使える魔法の言葉いろいろ

  • あいつだったらどうするかな・・・
  • ちょっとやって、それからやめてもいい
  • 次の物理的なアクションは何だ?
  • 今やらなかったらいつやる?
  • ぶっちゃけどのぐらいで できるかな?
  • やらないメリットは何?

via: IDEA*IDEA

 

時と場合によって、
つかえるコトバ、つかえないコトハがあると思うけど…

こういうコトバを用意しておく...
ということ自体が、
モチベーションアップの秘訣ですね~

 

●1年前の今日:喜びどころで ちゃんと喜ぶ

コメント:0 | TB:0 【ちょっとイイことば】  ヤル気 やる気 魔法 コトバ 言葉 モチベーション 

ページTOPへ↑

| PAGE-SELECT |